ホーム > 仕事・産業・観光 > 商工業 > 創業支援 > 長野県で創業する方を応援します! > 信州アクセラレーションプログラム

ここから本文です。

更新日:2022年1月25日

信州アクセラレーションプログラム

公募により選定した企業等を対象に、成長を加速化(=アクセラレーション)する支援プログラムを実施しています。本プログラムでは、事業者が直面する資金調達や販売先、経営体制などの課題の解決に向けて、運営受託者のコンサルティングやメンター・アドバイザーによる支援など短期間の集中的伴走支援を行います。

令和3年度第2クールの支援内容について

支援対象企業に対し、約3ヵ月間で、以下の支援プログラムを提供します。

1受託運営者による支援

  • 事業の成長を加速化するためのディスカッション・アドバイス
    例:ビジョン共有、ターゲット特定、ニーズ明確化、ビジネスモデル構築、法務チェック、PR方法、販路拡大戦略、資金調達方法、人材確保等
  • 必要に応じた支援ツールの提供
    例:同業他社や企業との事業提携の提案、先行事例の紹介、資金調達方法の提案、クラウドサーバーや人材サービス等の事業効率化ツールの紹介等

2メンター・アドバイザーによる支援

  • 外部メンターによる定期的なメンタリングの実施
    メンターの例:起業経験者、投資家、企業役員、前年度事業の支援対象者、各種士業等

3成果報告会

  • プログラム後半に、支援対象企業等がビジネスモデルやサービス内容、本プログラムでの学びや成果を発表する報告会を開催します。

採択企業数

3社

支援期間

令和3年11月下旬から令和4年2月までの概ね3か月間

募集について

募集期間:令和3年10月4日から11月7日まで(終了しました)

募集要領(PDF:467KB)

応募用紙(ワード:24KB)

 

 

過去の支援対象企業の情報はこちら

SSSロゴアクセラバナー

令和3年度支援対象企業のご紹介

第2クール(第5期生)

searchspacesearchspace1

search space株式会社(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(東京都)

代表取締役 後藤 良輔

~ 三次元の空間認識を可能にするAIエンジン~

これまで高価な機材を使って専門家が手間をかけて行っていた空間データ解析を、スマートフォンやタブレットなどで手軽におこなえるAIソリューションを開発中。

医療と建設インフラ分野での研究プロジェクトで培われた高度な画像AI技術に、LiDAR※などの測距技術を組み合わせて、空間認識AIの民主化を目指している。

※LiDAR(light detection and ranging)

レーザー光を照射し、物体に当たって跳ね返ってくるまでの時間を計測し、物体までの距離や方向を測定する技術

 

shinaziacleanedshinaziacleaned1

株式会社シナジア(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(松本市)
代表取締役 傳田 仙太郎

~最先端デジタル技術×ヒトで最適化した学びを提供~

シンガポールの先端Edtech※と長野県で長年の実績のある長野ゼミナール・松本ゼミナールがタイアップ。デジタルとリアルが融合したOMO※スタイルで、一人ひとりのお子さまにぴったりの「DX時代の新しい学び方」を提供

※EdTech

Education(教育)とTechnology(技術)を組み合わせた造語で、テクノロジーを用いて教育を支援する仕組みやサービス

※OMO(Online merges with Offline)

ネットとリアルの垣根を超えたマーケティング概念

 

00171_enq001_2_logo-0800171_enq001_2_logo-081

株式会社日本レストラン野菜生産者組合(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(松本市)

代表者 古田 俊

~一次産業を軸として、地域経済を豊かにしていく~

このビジョン実現に向け、小規模高齢農業者が稼げるよう、年間100種類以上の海外希少野菜を生産者団体として栽培し、主に都市部のラグジュアリーホテルやレストランに販売。

コロナ禍では一般家庭での需要の高まりを受け、スーパー向けブランドを立ち上げ参入。

今後は、温泉熱を利用した新規事業の開発や、自治体・地方公設市場・スーパーとの連携を進めることで、「関わる全員が勝てる」仕組み作りを目指している。

第1クール(第4期生)

SKIDAYロゴ太野垣代表

株式会社SKIDAY(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(東京都)

代表取締役 太野垣 達也

~スキー場の魅力を見える化する、グローバルメディア運営~

スキー場のコースを動画で紹介するメディアを運営し、プロの激しいアクションや、ローカルによるオススメコースなどを配信。

スキー選手、およびスキー雑誌編集者であった自身の経験を活かして、スキーヤー・スノーボーダーが抱える「自分たちのとってのベストなスキー場はどこか」という課題解決を目指す。その結果、スキー場での体験価値を引き上げ、雪山や自然資源保護、持続型社会への関心を高め、新しいスキーエコシステムの構築を目指す。

 

sorenaロゴ伊藤代表

株式会社SORENA(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(長野市)

代表取締役 伊藤 優里

~信州産のサスティナブルな商品を開発し、循環型経済をより身近なものに~

廃棄予定の信州産リンゴを活用して、通気性が良く軽量で水に強いレザー調生地(植物由来のヴィーガンレザー)を国内で開発・製造し、その国産生地を使用した革小物商品を企画・製造・販売。

信州の新たな特産品となることで、「循環型経済」「地域経済」の活性化へ貢献するとともに、環境に配慮し、人がより優しく豊かなライフスタイルを送る世界を実現。

 

雪雲ロゴ伊藤代表

株式会社雪雲(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(長野市)

代表取締役CEO 伊藤 克

~最先端のVR技術で世界のXR市場を牽引する

「酔わない」・「疲れない」・「高画質」といった世界初のコンセプトによる次世代VR技術「VRun System」を提供。これにより運用時間を大幅に伸ばすことが可能となり、VRが社会実装される未来を目指す。

その他

長野県では、次世代産業創出ための創業支援拠点「信州スタートアップステーション(通称SSS)」を長野市及び松本市に開設しております。

SSSには中小企業診断士や公認会計士の資格を持つコーディネーターが常駐し、創業に関する相談を受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

 

信州スタートアップステーション(SSS)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部経営・創業支援課

電話番号:026-235-7195

ファックス:026-235-7496

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?