ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 資源循環・3R > 信州リサイクル製品認定制度 > 信州リサイクル製品の施工例3

ここから本文です。

更新日:2019年1月10日

信州リサイクル製品の施工事例

信州リサイクル製品を使用した公共工事の施工事例を紹介します。

コンクリート二次製品を使用したため池改修工事

平成26年度県単緊急農地防災事業中尾池地区ため池工事

プレストーンG施工写真2-0
事業名 県単緊急農地防災事業
工事か所 上田市藤原田
特徴

プレストーンGは、原材料にガラスカレットを10%混入し、環境に配慮したコンクリート張ブロックです。
これを波除護岸に使用し、環境に配慮したため池改修工事を行いました。

施工業者 有限会社和興開発
製品名 プレストーンG
製造者 株式会社高見澤

 

プレストーンG施工写真2-1

ため池の貯水池側の法面は、波による洗掘を防止するため、コンクリートブロック張等によって保護を施すこととされています。
信州リサイクル製品のコンクリート二次製品は、ため池や河川の法面保護工事に使用されています。
廃ガラス瓶カレットを原材料の一部として使うことにより製造されています。

プレストーンG施工写真2-2

フィルター材(RC-40)を敷均ししています。
この上にコンクリートブロックを敷き並べていきますので、工事の仕上がりを左右する重要な作業です。

プレストーンG施工写真2-3

コンクリートブロックを敷き並べています。

大型ブロックなので、作業性が良く、容易にきれいな仕上がりとなります。

プレストーンG施工写真2-4

コンクリートブロック張の擬石模様は深目地になっており、自然の景観とも良く調和します。

万が一、ため池に転落した場合、凹凸が大きく手がかかりやすいため、脱出が容易です。

 

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7181

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?