ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 産業廃棄物 > 廃棄物の適正な処理の確保に関する条例について > 廃棄物の適正な処理の確保に関する条例 参考

ここから本文です。

更新日:2013年8月27日

廃棄物の適正な処理の確保に関する条例 参考

廃棄物の適正な処理の確保に関する条例 建設工事の規模

 

 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律施行令 第2条

(平成12年政令第495号)

 建築物(建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)第二条第一号に規定する建築物をいう。以下同じ。)に係る解体工事については、当該建築物(当該解体工事に係る部分に限る。)の床面積の合計が八十平方メートルであるもの

 建築物に係る新築又は増築の工事については、当該建築物(増築の工事にあっては、当該工事に係る部分に限る。)の床面積の合計が五百平方メートルであるもの

 

(関連の規則へ戻る)

 

[排出事業者、工事発注者、工事受注者、土地所有者等の講ずべき措置の手引き]もご覧下さい。

 

 

(注意事項)

 

 データ内容の正確性については、万全を期しておりますが、関係法令の改正等についてはご自身でご確認ください。(電子政府の総合窓口から、現行法規の検索ができます。)

 

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7181

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?