ホーム > 長野県畜産試験場

ここから本文です。

畜産試験場

試験場本館

畜産試験場では、畜産経営の健全な発展と、安心・安全な付加価値の高い畜産物の生産のため、高品質畜産物生産技術や低コスト生産技術の開発、家畜・飼料作物の育種改良と増殖、さらには温暖化に対応した飼養管理技術の開発に取り組んでいます。

当場職員による研究日誌をご覧ください

畜産試験場トピックス

畜産試験場の現在の様子、話題はこちら

試験場だよりはこちら(外部リンクが別ウインドウで開きます)

 

研究成果

畜産試験場の「新しく普及に移す農業技術」、「畜産試験場研究報告」はこちら

 

令和4年度の業務推進目標

基本目標(組織目標)

長野県行政経営理念に基づく「しあわせ信州創造プラン2.0」及び「第3期長野県食と農業農村振興計画」の最終年として研究成果を確実に発信、普及させることにより、畜産試験場が本県の畜産振興の拠点となるよう関係機関と連携し取組を進めます。

心構え

多様化、複雑化する社会環境に機敏・柔軟に対応できるよう、積極的な情報収集・共有・発信を強化するとともに、県民・畜産関係者起点の試験研究をCross Overで進める体制を構築します。

重点目標

第3期長野県食と農業農村振興計画に基づき、ゆとりと夢のある持続可能な畜産経営を実現するため、高品質な畜産物の効率的な生産と収益性が高い畜産経営の確立に向け、新たな技術の開発や高能力種畜の作出に取り組みます。

1 魅力ある畜産物の生産と多分野連携の活用を図ります。

(1)地球温暖化に対応した技術開発

(2)環境負荷を低減する技術開発

(3)他分野と連携し、先端技術を活用した家畜の管理、生産性の向上

(4)アニマルウェルフェア対応型の飼育技術の開発

2 生産現場の課題を解決するための技術開発

3 組織の活性化、県民や関係団体など産官学の連携・協働、その他独自の取組

(1)場全体で家畜伝染病防疫の意識を共有し、徹底した病原体の侵入防止対策に取り組みます。

(2)国県の研究機関や大学、企業などと連携して先進的な研究開発に努めます。

(3)成果の積極的な情報発信に努め、普及組織と協働して農家への技術移転を進めます。

(4)県民に信頼されるようコンプライアンスを推進し、職員一人一人が自己研鑚に努めます。

(5)試験研究、防疫対応、家畜飼養、飼料生産作業に場全体で部横断的に取り組みます。

(6)各畜種において生産成績にこだわり、経営モデルとなる飼養に努めます。

令和4年度畜産試験場の業務推進目標(PDF:314KB)

 

研究概要

高品質な信州産ブランド畜産物に関する研究

  • 「信州黄金シャモ」の安定供給のための種鶏の改良
  • 採卵鶏飼料による「長交鶏3号」の飼養技術の開発
  • オレイン酸と脂肪交雑に着目した信州のおいしい豚肉の生産技術の開発
  • 遺伝子(ゲノミック)評価と受精卵移植の活用による「信州プレミアム牛肉」の増産

信州黄金シャモ

黒毛和種肥育牛

信州黄金シャモ

黒毛和種肥育牛

 

 

地球温暖化対策に関する研究

【気候変動への適応策】

  • 暖地型多年生スーダングラスの育種開発

【温室効果ガスの緩和策】

  • 牛の曖気(げっぷ)から排出される消化管内メタンガスの抑制技術
  • 家畜排せつ物の堆肥化・施用で発生する窒素化合物の発生低減技術

暖地型多年生スーダングラス

縦型コンポスト

暖地型多年生スーダングラスの育成ほ場

窒素化合物や臭気の発生を低減する

縦型コンポスト(新豚舎)

アニマルウェルフェアに関する研究

  • 狭い場所でもストレスが少ない乳用牛の繋留方式(ケベック式)や快適性により配慮した床材の実証
  • 母豚の行動の自由度を確保した飼育技術の開発(新豚舎)
  • 鶏の本能・生理に合わせた産卵箱や止まり木を設置した飼育方式の研究

止まり木

母豚ストール

止まり木を設置した飼育方式

母豚が自由に移動できるストール

最先端技術活用での低コスト・省力化による生産性向上に関する研究

  • OPU(経膣採卵)とIVF(体外受精)を活用した体外受精卵生産と普及
  • スマート技術を活用した発情発見や分娩予測を行う繁殖管理システムの実証、簡易自動給餌器の開発
OPU 分娩房
OPUの実施

子豚の成長にあわせて母豚の行動範囲を

変えられる分娩房

 

ページの先頭に戻る

 

ページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。