ホーム > 防災・安全 > 防災情報 > 各種マニュアル・資料、災害時応援協定 > 避難所マニュアル策定指針

ここから本文です。

更新日:2019年5月9日

避難所マニュアル策定指針

目的

この指針は、平成23年の東日本大震災、長野県北部の地震、平成26年長野県神城断層地震、平成28年熊本地震、平成30年7月豪雨及び北海道胆振東部地震など、過去の災害対応の課題や教訓等を踏まえ、県内市町村で避難所運営マニュアルを策定するための参考とするものです
本指針では、地域住民が主体的に避難所の運営を行うことを目指しており、実際の運営の参考となるよう、実践的・具体的な内容としています。

指針の使い方

本指針を参考としながら、地域の実情に応じた避難所運営マニュアルを策定するとともに、地域住民と連携して、円滑な避難所運営ができるよう備えてください。
なお、本指針は訓練等を通じて内容の検証を行い、随時必要な見直しを行っていくこととします。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?