ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 薬物・毒劇物 > 麻薬及び向精神薬取締法に関する情報

ここから本文です。

更新日:2015年7月8日

麻薬及び向精神薬取締法に関する情報

携帯による医療用麻薬等の輸入・輸出の手続きについて

 麻薬は、厚生労働大臣の許可を受けた麻薬輸入業者(麻薬輸出業者)でなければ、輸入(輸出)することができないと「麻薬及び向精神薬取締法」で定められています。

 ただし、自己の疾病の治療の目的(麻薬中毒の治療の目的は除く。)で麻薬を施用されている方が出入国する場合には例外規定が設けられており、事前に地方厚生(支)局長の許可を受ければ、その麻薬を携帯して輸入(輸出)することができることとなっています。

 また、「麻薬及び向精神薬取締法」で指定された向精神薬を処方されている方が、自己の疾病の治療のために医療用麻薬を携帯して出入国される際には、必要な書類の所持が必要な場合があります。

 詳しくは、以下の厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部ホームページをご確認ください。

 医療用麻薬等の携帯輸入許可申請について(外部サイト)

 

お問い合わせ

健康福祉部薬事管理課

電話番号:026-235-7157

ファックス:026-235-7398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?