ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 薬物・毒劇物 > 毒物劇物情報

ここから本文です。

更新日:2013年9月4日

毒物劇物情報

毒物劇物の製造・輸入

毒物又は劇物を製造・輸入する場合には厚生労働大臣(都道府県知事)の登録を受ける必要があります。

登録は厚生労働大臣が行う場合と都道府県知事が行う場合があります。登録期間は5年間です。

申請手続き等については、お近くの保健福祉事務所(保健所)または薬事管理課へお問合せください。

 

大臣登録

原体(※1)を製造する製造業者

原体を輸入する輸入業者

(※1)原体とは、原則として化学的純品を指します。製造過程等で不純物を含んだり、純度に影響ない程度に着色等したものも原体となります。

知事登録

製剤(※2)の製造もしくは原体の小分けのみを行う製造業者

製剤の輸入のみを行う輸入業者

(※2)製剤とは、希釈や混合等により意図的に製剤化されたものを指します。

毒物劇物の販売

毒物又は劇物を販売又は授与する場合には都道府県知事(保健所設置市においては市長)の登録を受ける必要があります(長野市内に店舗がある場合は長野市長の登録、長野市以外に店舗がある場合は知事の登録となります)。

毒物劇物販売業の登録には一般販売業、農業用品目販売業、特定品目販売業の3種類があり、販売できる品目が異なります(下記参照)。登録期間は6年間です。

また、毒物又は劇物を直接取り扱う場合は、毒物劇物取扱責任者(※3)を設置する必要があります。

一般販売業

すべての毒物又は劇物を販売又は授与することができる。

農業用品目販売業

厚生労働省令で定められた農業上必要な毒物又は劇物を販売又は授与することができる。

特定品目販売業

厚生労働省令で定められた毒物又は劇物のみを販売又は授与することができる。

 

(※3)毒物劇物取扱責任者とは、毒物劇物の取扱いにおける安全確保について責任を有する技術者のことです。

なお、毒物劇物取扱責任者になることができる方は次のいずれかに該当する方です。

1.薬剤師

2.厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者

(詳しくはお近くの保健福祉事務所(保健所)または薬事管理課へお問合せください。)

3.都道府県知事が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者

(長野県では毎年7月末から8月はじめに実施しています。試験の詳細は5月頃発表します。)

毒物劇物を業務上取り扱う場合

毒物又は劇物を業務上取扱う際には、届出が必要な場合があります。以下の事業者の方はお近くの保健福祉事務所(保健所)に必ず届け出てください。

 

1.無機シアン化合物たる毒物及びこれを含有する製剤を使用して電気めっきを行う事業者

2.無機シアン化合物たる毒物及びこれを含有する製剤を使用して金属熱処理を行う事業者

3.毒物劇物取締法施行令別表第二に掲げる毒物又は劇物を毒物劇物取締法施行規則で定める量以上の容器で運搬する事業者

4.砒素化合物たる毒物及びこれを含有する製剤を使用してしろありの防除を行う事業者

 

届出が不要な場合も、毒物劇物を取扱う場合は以下の点に特に注意し、適切な取扱いをお願いします。

1.毒物劇物の保管庫には鍵をかけるなど盗難、紛失を防ぐ措置をする。

2.毒物劇物は他の物と区別し、専用の保管庫に保管する。

3.毒物劇物を貯蔵、陳列する場所に所定の表示をする。

4.飲食物の容器を毒物劇物の容器に使用しない。

お問い合わせ

健康福祉部薬事管理課

電話番号:026-235-7157

ファックス:026-235-7398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?