ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 薬物・毒劇物 > 危険ドラッグ(危険ハーブ)にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2017年8月9日

危険ドラッグにご注意ください

危険ドラッグとは

危険ドラッグは、麻薬や覚醒剤等と同等な人体への作用を持った物質等が含まれ、その形状危険ドラッグ例1は粉末、液体、乾燥植物片と様々あり、「お香」、「バスソルト」、「ハーブ」、「アロマ」などと目的を偽装し販売されています。

危険ドラッグはその使用による意識障害や嘔吐、けいれんなどを起こし救急搬送される事例や使用後に死亡した事例などが報告されており、大変危険です。

                                             (厚生労働省HPから画像引用)

危険ドラッグに対する規制

国や自治体では、危険ドラッグの恐れのある製品を分析し、有害物質が含有されている場合はを医薬品医療機器等法に基づく指定薬物として規制を行っています。

安易な気持ちで、危険ドラッグを所持・使用すると厳しい罰則が科される場合があります。

(指定薬物とは)

中枢神経系の興奮や抑制又は幻覚作用を有し、かつ、身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれのある物として医薬品医療機器等法において指定されており、2,359物質(平成29年7月26日現在)が指定されています。

指定薬物及びこれを含むものは製造、輸入、販売、授与、譲り受け、所持、使用等が禁止され、違反した場合、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、業として行った場合は5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金が科せられます。(医療、研究等の目的は規制対象外。

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部薬事管理課

電話番号:026-235-7157

ファックス:026-235-7398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?