ホーム > 上田保健福祉事務所 > 動物愛護に関すること(迷い犬・猫、飼い主募集情報はこちら) > 野良猫による環境被害対策~地域猫活動のすすめ~

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

上田保健福祉事務所

野良猫による環境被害対策~地域猫活動のすすめ~

野良猫により糞尿被害や畑・家屋を荒らされる被害など様々な問題が発生してしまいます。しかし、現在の日本には犬と違って猫を捕獲するのに法的根拠がなく、野良猫が増えるままになり、被害の拡大が懸念されます。このような問題に対し、長野県では野良猫を不妊・去勢手術し、適正に管理することで猫によるトラブルを減らす「地域猫活動」を推奨しています。

地域猫活動とは

地域における野良猫トラブルを解決するための仕組みづくりのことです。その地域にあった方法で、地域のルールに基づいて猫を適切に飼育管理し、不妊・去勢手術を徹底することで、猫をこれ以上増やさず、一代限りの生を全うさせることを目指します。このように地域で管理している飼い主のいない猫を「地域猫」と呼んでいます。

  • 不妊・去勢手術の効果
    野良猫の寿命は4年から5年といわれ、手術により一代限りとなった猫たちは徐々に数が減ります。
    ケンカ、発情期の鳴き声、尿の臭気も軽減し、猫が大人しくなります。

地域猫に対する飼育管理の取り組み

  • 飼育管理者を明確にして、飼育する猫を把握します。
  • 許可の得られた決められた場所・時間に餌やりをおこない※、食べ終わったら直ちに片づけます。
  • トイレを設置・管理します。
  • 管理する全ての猫に避妊去勢手術を実施します。手術後は耳先をV字カットし元の場所に戻します。

※従来は野良猫に餌をあげないように言われてきましたが、不妊・去勢手術の済んだ地域猫に適切に餌やりをおこなうことは、猫によるごみ漁り軽減など環境被害の改善につながります。

猫を飼っている方へ

屋外へ出ることがある飼い猫は、首輪や耳カットのない場合、未手術の野良猫と判断され、手術の対象となってしまいます。飼い猫は室内飼養に努めてください。やむを得ず屋外へ出す場合は、不妊去勢手術をし、飼い主がわかるよう首輪・名札を付けてください(飼い猫を屋外に出すことで、周囲へ環境被害を及ぼしていることがあります)。

 


お問い合わせ

所属課室:長野県上田保健福祉事務所食品・生活衛生課

担当者名:乳肉・動物衛生係

長野県上田市材木町1-2-6

電話番号:0268-25-7153

ファックス番号:0268-25-7179

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?