ホーム > 防災・安全 > 防犯 > 防犯担当のページ

ここから本文です。

更新日:2021年10月20日

県民生活の安全確保~犯罪のない安全・安心な信州をめざして~

犯罪情勢

1.特殊詐欺被害認知状況

令和3年9月末の特殊詐欺発生状況

令和3年9月末

前年同期比
認知件数 被害額(円) 件数 増減率 被害額(円) 増減率

112

211,937,234

+15

+15.5%

18,534,770

+9.6%

(資料提供:長野県警察本部)

もシカっち

特殊詐欺被害認知状況(令和3年9月末暫定値)(PDF:105KB)

市町村別被害認知状況(令和3年9月末暫定値)(PDF:116KB)

特殊詐欺被害認知状況(令和2年中)(PDF:214KB)

市町村別被害認知状況(令和2年中)(PDF:118KB)

※キャッシュカードをだまし取られた後に払い出された金額も被害額(内数)として計上されています。

※令和元年中の統計から、特殊詐欺の手口に「預貯金詐欺」「キャッシュカード詐欺盗」が加わり8類型から10類型になるなど、区分が一部変更となっています。

※預貯金詐欺とは「キャッシュカードの交換手続きが必要である」等の名目により、キャッシュカード等をだまし取る(脅し取る)ものをいいます。

※キャッシュカード詐欺盗とは「キャッシュカードの交換手続きが必要である」等の名目により、キャッシュカード等を準備させた上、被害者の隙を見てこれを盗むものをいいます。

 

令和3年9月末の発生傾向

☆前兆事案の状況

  • 前兆事案は、前年同期比で343件減少(1,011件)
  • 架空料金請求詐欺は、前年同期比で367件減少(356件)
  • 還付金詐欺は、前年同期比で144件増加(173件)

※架空請求など悪質商法に関する注意喚起情報はこちら

長野県消費生活情報のページへ(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

  • 架空料金請求詐欺は、メール、はがきや郵便物などが届き、折り返し連絡を求められることが多いですが、絶対に連絡しないようにしましょう。
  • オレオレ詐欺、預貯金詐欺やキャッシュカード詐欺盗については、犯人からの最初の電話は自宅の固定電話にかかってくることがため、常時留守番電話に設定したり、迷惑電話防止対策機能がついた最新の電話機に買い替えるなど、犯人と直接会話をしないようにしましょう。
  • 警察官、金融機関や家電量販店等の職員を名乗る者が自宅を訪れ、変更手続きや調査等の名目でキャッシュカード等を預かると言っても、絶対に渡さないようにしましょう。
  • 留守番電話作戦はこちら留守番電話作戦(PDF:618KB)

特殊詐欺撲滅三ない運動+1(プラスワン)

「渡さない」「払わない」「電話に出ない」+「振り込ませない」

☆現金やキャッシュカードを要求されても絶対に渡さないキャッシュカードの暗証番号を教えない

☆突然の電話やはがき、メールで利用料金等を請求されても無視!

こちらから電話をかけない電子マネーを購入しない現金を宅配便で送らない

☆自宅にいても常に留守番電話にしておき、メッセージを残さない人の電話には出ない

☆家族ご近所だけでなく、県民総ぐるみでお互いに声を掛け合い被害を未然に防止する

  • 詐欺の電話やメールは、突然、あなたに届きます!電話で『お金』の話題が出たら、一人で判断せず、まずは相談しましょう!

消費者ホットライン(局番なし)188、警察相談専用電話#9110

コチラもご覧ください(長野県消費生活情報のページへ)

啓発コーナーでは、特殊詐欺被害防止啓発動画(ヤポンスキーこばやし画伯さん出演)で最近の詐欺の手口をわかりやすく説明しているほか、長野県出身の俳優・タレントの”峰竜太さん”が、特殊詐欺の犯人を寄せ付けないための電話対策について呼びかけています。

また、2016年(峰竜太さん・下嶋兄さん親子共演の啓発CM)、2015年(武田徹さんの啓発CM)も閲覧できます。ぜひご覧ください!

家族みんなで特殊詐欺の手口を確認しましょう!

3つの手口表3つの手口裏

平成30年中の特殊詐欺の9割以上を占めています!

「3つの手口」(PDF:822KB)篇はコチラ

キーワード表キーワード裏

最新の「だましのキーワード」載っています!

「特殊詐欺のキーワード」篇表(PDF:254KB)裏(PDF:628KB)はコチラ

2.身近な犯罪の発生状況

刑法犯の認知状況

刑法犯認知状況(令和3年9月末暫定値)(PDF:265KB)

市町村別刑法犯認知状況(令和3年9月末暫定値)(PDF:244KB)

刑法犯認知状況(令和2年中確定値)(PDF:262KB)

市町村別刑法犯認知状況(令和2年中確定値)(PDF:237KB)

(資料提供:長野県警察本部生活安全部生活安全企画課)

防犯アドバイス

1.これからの季節に発生が予想される犯罪

暖かくなり、自転車に乗る機会も増えてきたのではないでしょうか。

今回は、大切な自転車を盗難被害から防ぐアドバイスです。

私たちのちょっとした心掛けで、被害を未然に防ぐことができます。

詳しくは、下記の防犯アドバイスをご覧ください(^^)v

2021春号「防犯アドバイス」(PDF:184KB)

2020-2021冬号「防犯アドバイス」(PDF:219KB)

2020秋号「防犯アドバイス」(PDF:227KB)

2020夏号「防犯アドバイス」(PDF:264KB)

 

2.女性の皆さんへ~性犯罪被害に遭わないために~

全国では、女性が被害者となる、ちかん等のわいせつ目的犯罪が後を絶たない状況にあります

また、被害に遭うのは屋外とは限らず、自宅にいる際も注意が必要です。

 被害に遭わないためには、自ら被害に遭う環境を作らないことです。

 日頃から、特に一人になるときは、しっかりと防犯対策を取りましょう。

防犯対策のアドバイスはコチラ(工事中)

長野県警察のホームページには、さらに詳細なアドバイスが掲載されていますのでご覧ください。

3.子どもの安全を守るために

子どもの防犯意識を向上させるための「こども記者体験」を行っています。

申込み・内容はコチラ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部くらし安全・消費生活課

電話番号:026-235-7174

ファックス:026-235-7374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?