ホーム > 防災・安全 > 交通安全対策 > 「長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例」および「長野県自転車活用推進計画」について

ここから本文です。

更新日:2019年4月10日

「長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例」及び「長野県自転車活用推進計画」について

長野県県民文化部くらし安全・消費生活課

 長野県では、「安全・安心な県民生活の確保」と「自転車の利用促進」を基本理念とする『長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例』を制定しました。

 本条例は、公布の日(平成31年3月18日)から施行し、「自転車損害賠償保険等の加入の義務化等」及び「自転車貸付事業者の登録制度」については、同年10月1日から施行します。

 また、県では、本条例等に基づき、平成31年3月22日に『長野県自転車活用推進計画』(計画期間:2022年度まで)を策定しました。自転車の安全な利用や利用環境の整備、また、本県の特長を生かした健康増進、環境負荷の低減、観光振興における活用等について、総合的で計画的な施策の推進を図ってまいります。

条例制定の背景等

 自転車は、日常生活からレジャーに至る様々な場面において幅広い年代層に利用され、主要な交通手段としてのみならず、今後の地域づくりに寄与する大きな可能性を有しています。その一方で、全国的には自転車が関係する重大事故が発生し、本県でも、自転車利用者の交通ルールの遵守やマナーの向上、また、通行空間を共有する自動車のドライバーに対する安全配慮の啓発等が重要な課題となっています。

 自転車は、健康長寿を支える健康づくりに資するものであり、恵み豊かな地球環境を守るための環境負荷が少ないモビリティです。さらには、自転車による観光振興は、長野県を観光県として発展させていく上で重要です。長野県では、交通安全教育の充実や万が一の事故に備えた自転車損害賠償保険等の加入義務化等を進めながら、本県の特長を伸ばす自転車の利用促進を図ってまいります。

条例の概要

(1)目的

 自転車の利用に関し、基本理念、県の責務等及び自転車の安全で快適な利用に関する施策の基本的事項を定めることにより、安全で安心な県民生活の確保と自転車の利用促進を図ります。

(2)基本理念

 ○事故防止を旨として、県、自転車利用者その他の関係者がそれぞれの責務等を果たし、安全で安心な県民生活の確保を図ること。

 ○本県の特長を生かし、健康の増進、環境への負荷の低減および観光の振興に資するとの認識の下、自転車の利用促進を図ること。

(3)県等の責務及び役割

 ○県、自転車運転者及び自転車利用事業者等の責務

 ○市町村、県民等、学校等の長及び交通安全団体の役割 など

(4)自転車活用推進計画

 自転車の安全な利用、安全で快適に利用できる環境整備及び本県の特長を生かした利用促進に関し、総合的かつ計画的な推進を図るため、自転車活用推進計画を定めます。

 また、その推進体制を整備し、施策の実施状況の評価及び公表を行います。

(5)安全で安心な県民生活の確保のための対策

 市町村、学校等の長、交通安全団体等の関係者と連携協力し、交通安全教育の推進等の自転車事故のない安全で安心な県民生活の確保のための対策を推進します。

(6)自転車損害賠償保険等の加入義務付け

 自転車事故により生じた他人の生命又は身体の損害を確実に補償するため、自転車損害賠償保険等の加入を義務付けます。

(7)自転車貸付事業者の登録制度

 自転車損害賠償保険等に加入している自転車貸付事業者で、知事が定める基準に適合している者について、登録を受けることができる旨を定めます。

よくあるご質問

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部くらし安全・消費生活課

電話番号:026-235-7174

ファックス:026-223-6771

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?