ホーム > 仕事・産業・観光 > 観光 > 関連情報 > 登山相談所開設情報

ここから本文です。

更新日:2018年4月20日

登山相談所開設情報

【登山相談所を開設します】

 長野県及び長野県山岳遭難防止対策協会(県遭対協)では、登山者の皆さまに対して、万全な準備とともに、気象条件等を見極め、慎重な行動をとるように呼びかけています。

 季節の広報・啓発活動の一環として、別紙主要登山口において「登山相談所」を開設します。遭難箇所を明記したマップなどによりリスクをリアルに情報提供するとともに、積極的な声かけを行います。

 【開設情報】

季節 開設情報 その他情報
春山 春山相談所(PDF:140KB) 平成30年春山情報(県警山岳情報)

【春山参考情報】

長野県及び長野県山岳遭難防止対策協会(県遭対協)等の広報・啓発活動
(1)都市部に向けた情報提供と注意喚起
  〇全国の登山用品店(265店舗)、ヤマレコ、ヤマケイオンライン、週刊ヤマケイ、ヤマップに遭難事故
    事例を情報提供(「島崎三歩の山岳通信」)
(2)春山シーズン4~6月の県内各山域での注意喚起
   〇「「島崎三歩の山岳通信」特別号」配信
    ゴールデンウィークに合わせて、過去の春山遭難発生状況や春山の注意点などの情報を掲載した
    「特別号」を配信します
  〇「登山相談所」の開設
    主要登山口43箇所で、遭難箇所を明記したマップなどによりリスクをリアルに情報提供するととも
    に、積極的な声掛けを行います。

 

昨年の春山の状況
昨年の春山(4月~6月)は過去5年間で最多となる72件の山岳遭難が発生し、死者・行方不明16人、
負傷者40人、 無事救出者25人と計81人が遭難しました。その中には自身の実力以上の登山をしたり、
雪崩に巻き込まれたり、天候判断を見誤ったために遭難したケースも見られました。
◆ 転落・滑落・転倒が全体の57%
   昨年は転落・滑落・転倒41件発生し、7人が亡くなり、37人が負傷しました。
◆ 道迷い・疲労・病気が全体の29%
   転落・滑落・転倒に続いて、道迷いが18件、病気が2件、疲労凍死傷が1件で、24人が無事救出
   されました。
◆ 雪崩が全体の7%
   雪崩遭難が5件発生し、3人が亡くなり、2人が負傷しました。

春山で遭難しないために ~遭難は他人事ではありません~

◆用意周到な計画を!
 登山計画に無理があったり、装備の不備は遭難につながるおそれがあります。
 春山は、短期間で天候が大きく変化します。特に低気圧や前線の通過の際は天候が急激に悪化し、標高の高い山域では吹雪となります。
 余裕ある日程で自分の体力・技術・経験に応じたコース選定や携行する装備などを十分検討して計画を立てましょう。
 また、事前に天気予報を確認して、荒天時は登山そのものを中止するなど判断を誤らないようにしましょう。
 
◆雪崩に注意!
 気温の上昇や、積雪状況によっては雪崩が発生しやすくなります。
 標高の高いアルプス等に登山をする際は必ず雪崩ビーコンを携行するとともに、積雪、降雪の状況や気温の変化にも十分注意して、登山ルートやテント設営場所を慎重に選定しましょう。
 春山登山は雪渓等の沢筋がコースとなる場合があるので、通過の際は雪質、積雪状況等を見極め十分に注意をしましょう。
 また、雪崩だけでなく雪解けとともに土砂崩落や落石も発生するため、常に斜面の上部を警戒しながら行動をしましょう。

◆単独登山には大きなリスク!
 単独登山者は、疲労や怪我で行動ができなくなった時、携帯電話等の通信手段が不通の場合、助けを呼ぶことができず、救助が遅れたり、行方不明となる可能性があります。
 単独登山は控え、パーティを組んで登山をするとともに、単独登山をする場合は、必ず家族や友人などに登山計画を知らせておきましょう。

◆転倒・滑落しないために
 山岳遭難の態様で最も多いのが転倒・滑落です。雪上斜面で転倒し滑落すると、停止することが難しく、大怪我や命を落とす可能性があります。
 特に春山は朝晩の寒暖差が大きいため標高の高い稜線ではコース上の雪が溶けて緩んだり、凍結によりアイスバーンとなるため、ピッケルやアイゼンを状況に応じて的確に使いこなす、雪上技術が必要になります。
 正しい技術を身につけてから入山をしましょう。
 
◆必ず登山計画をたて、家族や友人等と共有しましょう!
 登山で行方不明となった人を迅速に捜索し、救助するためには、帰宅しないなどの異常に最初に気が付く家族や友人等に、あらかじめ登山計画を伝えておくことが大切です。
 長野県では平成28年7月1日から「長野県登山安全条例」により指定登山道を通行する場合は、登山計画書の届出が必要となりました。なお、作成した登山計画書はインターネットでも提出できます。 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7251

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?