ホーム > 上田地域振興局 > 管内情報 > 各課等業務のご案内 > 上田農業農村支援センター > 技術経営普及課

ここから本文です。

更新日:2021年3月24日

上田地域振興局

上田農業農村支援センター 技術経営普及課

地域情報 技術情報 地域の出来事
ご相談 リンク  

地域情報

新型コロナウイルス感染症等に関する農業者相談窓口の開設

上田農業農村支援センターでは、新型コロナウイルス感染症の拡大により、農産物の消費の低迷など農業経営への影響が懸念されることから、農業者電話相談窓口を開設しました。

長野県(農政部)プレスリリース令和2年(2020年)4月30日

 

台風19号により被災した農家等の相談窓口の開設

令和元年10月12日、13日の台風19号により被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。

上田農業農村支援センターでは、台風19号により被災された農家の皆様に対する相談窓口を開設しました。

長野県(農政部)プレスリリース令和元年(2019年)10月18日(PDF:636KB)

台風19号関連情報【外部ページ】

災害にかかわる技術対策について

 

技術情報

クルミ黒斑細菌病の防除にご協力をお願いします

本病害は諸外国で発生し、早期落葉、落果による減収または黒色斑点による品質低下を引き起こす病気で、植物防疫法により「重要病害虫」に指定されています。

県で発生状況を調査したところ、5月上旬に葉に感染し、その後7月下旬まで高い割合で果実発病が起こることがわかりました。
このことから、防除はICボルドー66Dの50倍希釈液を①4月下旬、②5月上旬、③5月中旬、④6月上旬、⑤7月上旬に散布することが必要で、最も重要な防除時期は4月下旬~5月と考えられます。

また、生育期後半に発病がみられるクルミ炭疽病に対しても⑥8月上旬、⑦9月上旬にICボルドー66Dの50倍希釈液を散布すると防除効果が期待できます。

自宅の庭にクルミの樹が1本しかない方についてもぜひ実施をお願いします。

くるみ葉 くるみ果実

葉病斑              果実病斑

「チェック!長野県サポートメール」のご案内(PDF:476KB)

県では、気象災害などによる農業被害の未然防止と被害軽減を図るため、災害発生の恐れのある場合、農業者の皆さんに技術対策をお届けしています。

より迅速かつ確実に情報をお届けするため、民間の「メールマガジン」を利用した情報配信を行っていますので、ぜひご活用ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県上田地域振興局上田農業農村支援センター

上田市材木町1-2-6

電話番号:0268-25-7157

ファックス番号:0268-27-2136

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?