ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 骨髄バンク

ここから本文です。

更新日:2022年9月13日

骨髄バンク

 目次

骨髄バンクドナー登録にご協力をお願いします!!

骨髄バンクは、白血病などの血液難病の患者さんを救うことのできる「命のボランティア」です。 
日本骨髄バンクへの、ドナー登録者数は平成31年2月に50万人を超えるに至りました。
しかしながら、いまだ多くの患者さんが骨髄提供者を待っています。
一人でも多くの患者さんを救うため、骨髄バンクへのドナー登録にご協力をお願いします。
 
kotsuzuibank201907

 

tirashi_omote tirashi_ura

 

 県内のドナー登録会

<移動献血車>

日 付 場 所 受付時間
9月12日(月) 東御市総合福祉センター(東御市大字鞍掛197)  9:30~11:30
9月18日(日) 南長野運動公園(長野市篠ノ井東福寺320)

10:00~11:30
13:00~16:00

9月19日(月) イオンモール佐久平(佐久市佐久平駅南11-10)  9:30~11:45
13:30~15:30
9月20日(火) 辰野町役場(上伊那郡辰野町中央1) 10:00~12:30
9月20日(火) 飯田市保健センター(飯田市大久保町2534) 10:00~11:40
13:00~15:30
9月21日(水) 上田市役所(上田市大手1-11-16)  9:30~11:30
13:00~16:00
9月25日(日) イオンモール佐久平(佐久市佐久平駅南11-10)  9:30~11:45
13:30~15:30

 

※実施時間等が変更になる場合があります。最新の情報は長野県赤十字血液センターのホームページでご確認ください。
※献血ルームでは、開所日はいつでも登録が可能です。
※お住いの地域の保健所(長野市、松本市、長野、松本を除く。要事前予約)でもドナー登録ができます。詳しくはこちらをご覧ください。

県内ドナー登録会先頭へ戻る

 ドナー登録の要件

  • 骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
  • 年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
  • 体重が男性45kg以上・女性40kg以上の方

その他、詳細な条件をドナー登録のしおり「チャンス」でご確認ください。 

 
   

 ドナー登録について 

 

 骨髄移植と骨髄バンクについて

 骨髄バンクの現況

 ドナー登録から骨髄提供まで ※ドナー登録方法についてもこちらをご覧ください。

 骨髄バンク関係団体へのリンク

 

骨髄移植推進財団へのリンク(別ウィンドウで外部サイトが開きます) 

 

全国骨髄バンク推進連絡協議会へのリンク(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

また、ドナー登録や骨髄バンクの普及啓発にご協力いただけるボランティアの方を募集しております。興味のある方は、日本骨髄バンク(外部サイト)へお問い合わせください。(日本骨髄バンク  0120-445-445(通話無料) 平日9:00~17:30)  

【事業者の皆さまへ】ドナー休暇制度導入のお願い

骨髄ドナー休暇制度とは

 骨髄ドナー休暇制度とは、骨髄・末梢血幹細胞提供に要する期間、通常の年次有給休暇等とは別の特別休暇を取り扱うことで、社員がドナーになった際の就業上の負担を軽減する制度のことです。

骨髄・末梢血幹細胞移植の現状

 骨髄・末梢血幹細胞移植は、白血病などの血液の病気を治すための有効な治療法ですが、移植をするためには、患者さんと提供者(ドナー)のHLA型といわれる白血球の型を合わせる必要があります。(HLA型が一致する確率は兄弟姉妹で四分の一、血の繋がらない他人と型が合う確率は数百~数万分の一しかありません。)

 毎年約10,000人の方が白血病などの血液の病気を発症し、そのうち2,000人以上の方が移植を希望していますが、移植を受けられるのは約6割にとどまっています。

 この理由の一つとして、骨髄バンクを介して骨髄・末梢血幹細胞を提供する場合、ドナーは提供後の健康診断に至るまで、10日間程度通院・入院する必要があり、休暇等を取得しなければならないことが考えられています。

ドナーが骨髄提供しやすい環境づくりへの取組

 一部の企業・団体及び官公庁においては、このドナー登録及び骨髄・末梢血幹細胞の提供に要する期間を対象に特別休暇(ドナー休暇制度)を設けています。
 社員の就業上の負担を軽減するため、ドナー休暇制度の整備についてご検討をお願いいたします。

 ドナー休暇制度導入企業・団体については、日本骨髄バンク(外部サイトへリンク)のホームページをご覧ください。

○制度導入をご検討されているご担当者さまへ
 公益財団法人日本骨髄バンクでは、より導入しやすい環境作りのため、専任の職員を企業・団体等へ派遣し、ドナー休暇制度導入に向けて、詳しい説明を行っています。
 導入をご検討されている場合は、日本骨髄バンクの窓口までご連絡ください。

日本骨髄バンク 広報渉外部 ドナー休暇制度導入担当
TEL:03-5280-8111(平日:9:00~17:30)

休暇制度(PDF:850KB)

長野県骨髄バンクドナー助成事業補助金について

 長野県では、平成31年4月1日から、市町村が骨髄等を提供するドナー等に対して助成をする場合に、その経費の一部を補助する「長野県骨髄バンクドナー助成事業補助金」を新設しました。
 詳しくはこちら

卒業や入学の記念に、ドナー登録しませんか

 骨髄バンクのドナー登録は、18歳から可能です。
 現在、ドナー登録者は40代以上が多いですが、55歳を迎えると登録取消となること・20~30代のドナーは健康状態がよいため提供できる方が多く、移植後の治療成績が高いと言われていることから、若い世代のみなさまのご協力が必要です。
 卒業する高校生、入学する大学生・専門学校生のみなさま、ぜひ登録をご検討ください。

骨髄卒業チラシ裏

 主人公の20歳の大学生・才望モリオを通して、ドナー登録から提供までの流れをわかりやすくマンガで読むことができます。

漫画モリオ(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

「語りべ」を派遣します ~移植経験者、提供ドナーの話を聞きませんか~

 貴校・貴団体へ「語りべ」を派遣します!

 日本骨髄バンクでは、移植によって元気になられた元患者さん・骨髄を提供されたドナーの方等を「語りべ」として派遣し、骨髄移植や提供に関わる体験談、ドナー登録や骨髄提供方法、骨髄バンクの現状について講演を行っています。「語りべ」への謝礼や交通費は、日本骨髄バンクで負担します。
 「語りべ」による講演会や勉強会の機会を設けていただける場合は、ぜひ以下のお問い合わせ先までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
 公益財団法人日本骨髄バンク広報渉外部
 担当者:小島、田中
 〒101-0054東京都千代田区神田錦町3-19廣瀬第2ビル7階
 TEL:03ー5280ー8111(平日9:00~17:30)
 Email:pr@jmdp.or.jp

 kouenkai_omote kouenkai_ura

 

ページの先頭へ戻る

その他骨髄バンクに関するお問い合わせは、

県内保健所、または、保健・疾病対策課 がん・疾病対策係(Tel 026-235-7150)まで

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7150

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?