ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 監視・指導 > 不法投棄ホットライン

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

不法投棄ホットライン

 

不法投棄ホットライン

(ごみの110番)

フリーダイヤル0120-530-386(ゴミをみはろう)

携帯電話、PHSからもご利用できます。

次のような状況を見かけましたら

情報をお寄せください。

 

  • 突然大きな穴が掘られた
  • 出入り口に鉄板が敷かれ、不審な重機がある
  • 早朝、夜間などにダンプなどの出入りが多い
  • 荷台の深いダンプが何かを運び込んでいる
  • 空き地等の周囲に高い塀が作られた

不法投棄イメージ

 

 

不正軽油の製造過程で発生した硫酸ピッチが不法投棄される事例が発生しています。

[硫酸ピッチの入ったドラム缶の不法投棄]

 

硫酸ピッチの入ったドラム缶の不法投棄写真

硫酸ピッチとは、石油製品製造過程において、軽油をA重油から製造するときなどで、濃硫酸で洗浄し不純物を取り除いた後に残る廃棄物。性質として、タール状で濃硫酸を含み、水などに触れると亜硫酸ガスを発生する。

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7203

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?