ここから本文です。

更新日:2017年5月11日

野生鳥獣情報ステーション ~ヒナや幼獣を見かけた場合は~

 ヒナを見かけた場合は 

  親鳥の姿が見えなくても、必ずヒナの元に帰って世話をし、自然界で生きていく力を教えます。
  人が傍にいると親鳥が近づけないので、すぐにその場を離れましょう。
  詳しくは 「ヒナをひろわないで!」 をご覧ください。

  monkey 幼獣を見かけた場合は monkey

  動物の親も、子育て中にひとりになりたいこともあります。
  子どもをおいてエサをとりに行ったり、他の子どもを別の場所へ運んで行ったりしていて、幼獣が一頭だけ
 残されていることがあります。
  保護はほとんど必要ありません。ヒナと同様、人が近くにいると親が近づけないのでその場を離れましょう。

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課鳥獣対策・ジビエ振興室

電話番号:026-235-7273

ファックス:026-235-7279

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?