ホーム > 暮らし・環境 > 動物愛護 > 動物愛護 > 動物由来感染症とは

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

動物由来感染症とは

「動物由来感染症」は動物の病気ではありません。

感染や流行に動物がかかわる人間の病気です。

感染を予防するには正しい知識が必要です。

動物由来感染症ってどんな病気?(厚生労働省ホームページへ)

動物から人間に感染する病気です。

 

よく知られているのはこんな病気です。

狂犬病・オウム病・高病原性鳥インフルエンザ・E型肝炎など

動物と仲良くするのはコワイこと?

節度ある接触であれば心配ありません。

動物の近くにいたり、抱っこしただけで感染することはありません。

ペットに口移しで食べ物を与えたり、食事中に接触することは避けましょう。

動物由来感染症を予防するには?

病気について正しく知ることが大切です。

むやみに恐れる必要はありません。

動物を清潔な環境で飼育し、動物自体を健康に保つ。

動物とは、節度を保ってふれあう。

必要に応じて、防護具(マスク等)を用い、動物に触れた後は、手を洗う。

基本的な事項を守れば、動物からの感染は予防できます。

正しい知識と冷静な対応こそが一番の予防です!

動物由来感染症についてのお問い合わせは、保健福祉事務所(保健所)へ!

 

主な動物由来感染症

狂犬病

高病原性鳥インフルエンザ

エキノコックス症

E型肝炎

ウエストナイル熱

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7154

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?