ホーム > 暮らし・環境 > 動物愛護 > 動物愛護 > 愛護動物の遺棄・虐待は犯罪です

ここから本文です。

更新日:2017年8月23日

愛護動物の遺棄・虐待は犯罪です

愛護動物の遺棄・虐待について

「動物の愛護及び管理に関する法律」により、愛護動物を遺棄・虐待した場合には、罰則が定められています。


・愛護動物を遺棄した場合

→100万円以下の罰金

・愛護動物をみだりに殺したり傷つけたりした場合

→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

 

関連リンク先

動物の適正飼養について

飼い主は、みだりに繁殖しないよう適切に措置し、また、命が終えるまで適正に飼養(終生飼養)しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7154

ファックス:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?