ホーム > 長野県消防学校 > 沿革

ここから本文です。

更新日:2019年1月22日

消防学校

沿革

長野県消防学校の沿革

昭和31年5月「長野県消防訓練所」を長野市県町452番地(現長野県土地改良会館)に設置

昭和34年10月「長野県消防学校」に改称

昭和37年1月長野市北石堂町1022番地、国保会館内(現長野大学予備校)へ移転

昭和37年5月長野市岡田140番地、長野県蚕業試験場内(現NBS長野放送)へ移転

昭和41年4月長野市県町452番地(現長野県土地改良会館)に移転

昭和43年8月長野市篠ノ井布施高田967-1(現長野県埋蔵文化センター)へ移転

昭和60年4月長野市篠ノ井東福寺2375-1新築移転し現在に至る

平成5年3月教育管理棟に救急実習室、普通教室等を増築

平成7年3月土地拡張し、宿泊施設(西寮)および放水訓練場を増設するとともにサーキットトレーニング場を移設

 

設置当時の消防学校(現:長野県土地改良会館)

設置当時の消防学校

篠ノ井駅付近にあった消防学校(後:篠ノ井保健所、現:長野県埋蔵文化財センター)篠ノ井駅付近の消防学校

現在(篠ノ井東福寺)

お問い合わせ

所属課室:長野県消防学校 

長野県長野市篠ノ井東福寺2375-1

電話番号:026-292-2580

ファックス番号:026-292-6654

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?