ホーム > 仕事・産業・観光 > 森林・林業 > 基本的な施策・計画 > 保安林制度について > その他保安林に関する質問

ここから本文です。

更新日:2020年1月14日

その他保安林に関する質問

 ・ 保安林の指定や解除は誰が行うのですか?
 ・ 保安林に指定されるとどうなるのですか?
 ・ 保安林は、誰が管理するのですか?

 

保安林の指定や解除は誰が行うのですか?

   「水源かん養保安林」、「土砂流出防備保安林」、「土砂崩壊防備保安林」については農林水産大臣が、その他の保安林については県知事が指定・解除を行います(長野県内の場合)。

保安林に指定されるとどうなるのですか?

  森林が保安林に指定されると、森林内での立木の伐採や土地の形質を変更する行為等に一定の制限がかかります。詳しくは「保安林における制限」をご覧ください。

  一方で、不動産取得税・固定資産税が無課税となり、相続税・贈与税が軽減される等、各種優遇措置もあります。

保安林は、誰が管理するのですか?

   保安林に指定されても、その土地の権利が国や県に移るわけではないため、自己の財産として、森林の管理は所有者が行うことになります。

   ただし、農林水産大臣や都道府県知事は、保安林が常にその指定の目的に即して機能することを確保するように努めることとされています。

 


 

お問い合わせ

林務部森林づくり推進課

電話番号:026-235-7272

ファックス:026-234-0330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?