ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

更新日:2022年5月16日

ここから本文です。

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週の発生

日付 場所

年齢

性別

態様

死傷別

概要

5月11日 長野市
鬼無里クルワドウ沢
71 発病 死亡 3人パーティで山菜採り中、発病
5月15日 北アルプス
爺ヶ岳
73 不明 行方不明 単独で爺ケ岳に登山に向かったまま行方不明
5月15日 南アルプス
三伏峠
47 道迷い 無事救出 単独で三伏峠から下山中、道に迷い行動不能

2.山岳安全対策課からのアドバイス

週は、山菜採り中の死亡遭難、単独登山者の行方不明遭難を含む3件の遭難が発生しました。
独登山中の行方不明は先週に続いて発生していますが、単独登山はトラブルが発生しても一人で対応しなければならず、命に関わる深刻なアクシデントに見舞われるおそれもあります。今後、単独で登山を計画されている方は、このような単独登山のリスクを理解した上で、慎重な判断と行動をお願いします。
アルプス等の標高が高い山域や北信地方の山域では、日陰となる樹林帯や谷筋に雪が残っています。このような場所では滑落の危険性もあるほか、残雪によりルートの不明瞭な登山道もあります。地図等による確認に加え、事前に最新の現地情報を確認し、安全登山を心掛けましょう。

3.山岳遭難発生状況(令和4年1月1日~5月15日)

令和3年数値は1月1日からの同期間数値

区分

発生

件数

死者

行方不明

負傷者 無事救出 遭難者計

令和4年

56

10 2 25 29 66

令和3年

56 12

0

26 28 66
前年同期比 0 -2 2 -1 1 0

4.山域別発生状況(令和4年1月1日~5月15日)

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

アルプス

槍穂高

1 1.8% 0 0 1 0 1

後立山

10 17.9% 2 1 3 7 13

その他

6 10.7% 1 1 2 2 6

17 30.4% 3 2 6 9 20

中央アルプス

8 14.3% 2 0 3 3 8

南アルプス

1 1.8% 0 0 0 1 1

八ヶ岳連峰

12 21.4% 2 0 9 4 15

その他の山岳

18 32.1% 3 0 7 12 22

56

 

10

2 25 29 66

5.態様別発生状況(令和4年1月1日~5月15日)

区分 件数

件数

比率

死者 行方不明 負傷者 無事
救出
遭難者計

転・滑落

20 35.7% 5

0

16 0 21

転倒

3 5.4% 0

0

3 0 3
病気 3 5.4% 2 0 0 1 3
道迷い 13

23.2%

0 0 0 19 19
落石 0 0.0% 0 0 0 0 0
雪崩 4 7.1% 2 0 2 0 4
落雷 0 0.0% 0 0 0 0 0
疲労凍死傷 2 3.6% 1 0 0 3 4
不明・他 11 19.6% 0 2 4 6 12
56   10 2 25 29 66

6.男女別・年齢別比率(令和4年1月1日~5月15日)

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率

19歳

以下

0 0 1 0 1

9

19.1%

0 0 0 0 0

7

36.8%

1

16
24.2%

20代 0 0 0 6 6 0 0 1 2 3 9
30代 0 0 0 2 2 1 0 2 1 4 6
40代 1 0 7 5 13

20

42.6%

0 0 3 0 3

10

52.6%

16

30

45.5%

50代 2 0 3 2 7 1 0 3 3 7 14
60代 3 0 3 4 10

18

38.3%

0 0 0 0 0

2

10.5%

10

20

30.3%

70以上 1 2 2 3 8 1 0 0 1 2 10

7 2 16 22 47   3 0 9 7 19   66  

比率

71.2%

28.8%

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)