ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2018年8月14日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
8月6日

南アルプス

三峰岳

19 滑落 負傷 三峰岳から仙丈ヶ岳へ向けて縦走中、バランスを崩し滑落、負傷
8月6日

北アルプス

唐松岳

60 転倒 負傷 唐松岳から下山中、転倒、負傷
8月6日

八ヶ岳連峰

蓼科山

45 転倒 負傷 蓼科山頂から七合目登山口へ向けて下山中、転倒、負傷
8月7日

北アルプス

燕岳

74 転落 負傷 燕山荘内の階段で足を踏み外し、転落、負傷
8月7日

北アルプス

奥穂高岳

55 滑落 死亡 奥穂高岳からジャンダルムへ向けて縦走中、何らかの原因により、滑落
奥穂高岳(PNG:887KB) 上記遭難現場の状況
8月7日

長野市

戸隠豊岡地籍
山林内

76 発病 死亡 キノコ採りのため入山中、体調不良を訴え倒れたもの
8月7日

北アルプス

奥穂高岳

73 疲労 無事救出 西穂高岳から奥穂高岳へ向け縦走中、疲労により行動不能
8月7日

北アルプス

槍ヶ岳

80 転倒 負傷 槍ヶ岳から横尾に向けて下山中、転倒、負傷
8月8日

北アルプス

涸沢

63 転倒 負傷 涸沢から横尾に向けて下山中、転倒、負傷
8月8日

北アルプス

餓鬼岳

71 転落 負傷 餓鬼岳から白沢登山口に向けて下山中、はしごを踏み外し、転落、負傷
8月6日
以降

北アルプス

燕岳~槍ヶ岳

60 不明

行方

不明

単独で中房温泉口から入山したが、以降、下山予定日を過ぎても下山せず行方不明。
8月10日 金峰山 24 滑落 負傷 ロッククライミング中、バランスを崩し、滑落、負傷
8月10日 北アルプス
白馬乗鞍岳
61 転倒 負傷 白馬乗鞍岳から栂池登山口に向け下山中、転倒、負傷
8月11日

八ヶ岳連峰

東天狗岳

39 転倒 負傷 東天狗岳から本沢温泉方面に向け下山中、転倒、負傷
8月12日 中央アルプス
空木岳
58 転倒 負傷 空木岳へ向け沢登り中、転倒、負傷
8月12日

八ヶ岳連峰

硫黄岳

45 その他 負傷 何らかの原因で倒れた道標に当たり負傷
8月12日 北アルプス
前穂高岳
47 滑落 負傷 前穂高岳に向け、北尾根を登山中、滑落、負傷
8月12日 北アルプス
鹿島槍ヶ岳
25 滑落

行方

不明

鹿島槍ヶ岳から五竜岳へ向け縦走中、滑落し安否が確認されていない

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

先週は18件の山岳遭難が発生しました。その内下山中に転倒して負傷する事案が6件発生しました。好天が続き降雨がほとんどないため、登山道上は乾燥し滑りやすくなっています。また下山時は疲労が溜まり、集中力が切れやすくなることから、余裕のある行動計画を立てるとともに、こまめな水分補給と休息をとるよう心掛けてください。

3.態様別発生状況(平成30年1月1日~8月12日)

成29年数値は1月1日からの同期間数

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
平成30年

174

17

4

90

85

196

平成29年

184

38

3

95

74

210

前年同期比

-10

-21

1

-5

11

-14

4.山域別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難

者計

北アルフ゜ス 槍穂高

33

19.0%

5

 

18

14

37

後立山

46

26.4%

5

3

23

19

50

その他

23

13.2%

1

1

10

12

24

102

58.6%

11

4

51

45

111

中央アルプス

12

6.9%

1

 

4

7

12

南アルプス

4

2.3%

 

 

2

2

4

八ヶ岳連峰

20

11.5%

3

 

18

8

29

その他の山岳

36

20.7%

2

 

15

23

40

174

 

17

4

90

85

196

5.態様別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
転・滑落

48

27.6%

13

1

41

 

55

転倒

40

23.0%

 

 

40

 

40

病気

15

8.6%

1

 

 

14

15

道迷い

30

17.2%

 

 

 

37

37

落石

1

0.6%

 

 

1

 

1

雪崩

1

0.6%

1

 

 

 

1

落雷  

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

19

10.9%

 

 

 

26

26

不明・他

20

11.5%

2

3

8

8

21

174

 

17

4

90

85

196

6.男女別・年齢別比率

区分 男性

(人)

比率

女性

(人)

比率

男女計
死者 不明 負傷 無事 死者 不明 負傷 無事 人数 比率
19歳以下    

1

5

6

26人

20.5%

 

 

1

4

5

24人

34.8%

11

50人

25.5%

20代    

2

4

6

 

1

3

7

11

17

30代

3

 

7

4

14

1

 

6

1

8

22

40代

5

0

8

8

21

47人

37.0%

 

 

9

 

9

21人

30.4%

30

68人

34.7%

50代

2

1

13

10

26

1

 

6

5

12

38

60代

3

1

8

18

30

54人

42.5%

1

 

8

6

15

24人

34.8%

45

78人

39.8%

70以上

1

1

13

9

24

 

 

5

4

9

33

14

3

52

58

127

 

3

1

38

27

69

 

196

 

比率

64.8%

35.2%

 

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)