ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

更新日:2019年2月22日

ここから本文です。

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
2月13日 野沢温泉村
水尾山
30 道迷い 無事救出

単独で、バックカントリースキー中、

道に迷い、行動不能

2月14日 北アルプス
八方尾根
56 その他 無事救出

八方尾根スキー場コース外を滑走中、

行動不能

2月14日 北アルプス
稗田山
28 雪崩 死亡

バックカントリースキー中、

雪崩に巻き込まれたもの

2月17日

南佐久郡南牧村

湯川氷柱付近

52 転落 負傷 アイスクライミング中、転落、負傷
2月17日

八ヶ岳連峰

硫黄岳

61 道迷い 無事救出

単独で、硫黄岳山頂から下山中、

道に迷い、行動不能

2月17日

野沢温泉スキー場

コース外

48 道迷い 無事救出

スキー場のコースから外れ、

道に迷い、行動不能

42 道迷い 無事救出
18 道迷い 無事救出

クリックすると拡大した画像をご覧いただけます

八ヶ岳連峰硫黄岳遭難現場の状況

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

先週は6件の遭難が発生しています。そのうち1名がバックカントリースキー中、雪崩に巻き込まれ亡くなっています。圧雪されていない斜面を滑るバックカントリースキーは、常に雪崩の危険と隣り合わせです。また、常に現在地を確認しないと道に迷います。危険が伴うスポーツですので、バックカントリースキー(スノーボード)コースを熟知した者と行動することが最低限必要です。アイスクライミング中での転落事故も後を絶ちません。地形や人工物を利用して、素早く確実な支点を構築する技術や様々な状況下でも安全に登りきる技術など、高度な技量が必要です。万が一を考えて危機感を持って、慎重な行動をしてください。

3.山岳遭難発生状況(平成31年1月1日~2月17日)

平成30年数値は1月1日からの同期間数値

区分

発生

件数

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計
平成31年

24

5

 

6

20

31

平成30年

17

2

 

9

10

21

前年同期比

7

3

0

-3

10

10

4.山域別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

アルプス

槍穂高

1

4.2%

 

 

1

 

1

後立山

7

29.2%

 

 

1

11

12

その他

3

12.5%

1

 

 

2

3

11

45.8%

1

0

2

13

16

中央

アルプス

4

16.7%

3

 

1

 

4

アルプス

 

0.0%

 

 

 

 

0

八ヶ岳

連峰

3

12.5%

 

 

2

1

3

その他

の山岳

6

25.0%

1

 

1

6

8

24

 

5

0

6

20

31

5.態様別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計
転・滑落

7

29.2%

3

 

4

 

7

転倒

1

4.2%

1

 

 

 

1

病気  

0.0%

 

 

 

 

0

道迷い

8

33.3%

 

 

 

14

14

落石  

0.0%

 

 

 

 

0

雪崩

2

8.3%

1

 

1

 

2

落雷  

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷  

0.0%

 

 

 

 

0

不明・他

6

25.0%

 

 

1

6

7

24

 

5

0

6

20

31

6.男女別・年齢別比率

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率

19歳

以下

 

 

 

1

1

14

53.8%

 

 

 

1

1

0

20.0%

2

15人

48.4%

20代

2

 

 

7

9

 

 

 

 

0

9

30代

 

 

2

2

4

 

 

 

 

0

4

40代

1

 

2

3

6

8

30.8%

1

 

 

2

3

4

80.0%

9

12人

38.7%

50代

 

 

1

1

2

1

 

 

 

1

3

60代

 

 

1

2

3

4

15.4%

 

 

 

 

0

0

0.0%

3

4人

12.9%

70以上

 

 

 

1

1

 

 

 

 

0

1

3

0

6

17

26

 

2

0

0

3

5

 

31

 

比率

83.9%

16.1%

 

 

 

3.山岳遭難発生状況(平成31年1月1日~2月3日)

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)