ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

更新日:2019年8月20日

ここから本文です。

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
8月13日 北アルプス
白馬鑓ヶ岳
67 転倒 負傷 仲間と6人で白馬鑓ヶ岳から下山中、転倒、負傷
8月13日 北アルプス
北穂高岳
58 転倒 負傷 単独で北穂高岳から涸沢へ向けて下山中、転倒、負傷
8月14日 北アルプス
北穂高岳
55 滑落 負傷 単独で北穂高岳から南岳へ向けて、大キレットを下降中、滑落、負傷
8月14日 北アルプス
槍ヶ岳北鎌尾根
43 疲労 無事救出 単独で北鎌尾根を登山中、疲労及び体調不良により行動不能
8月14日 北アルプス
唐松岳八方尾根
51 転倒 負傷 家族と八方尾根を下山中、転倒、負傷
8月14日 北アルプス
常念岳
35 疲労 無事救出 単独で常念岳へ向けて登山中、疲労及び体調不良により行動不能
8月14日 北アルプス
白馬岳
74 疲労 無事救出 仲間と6人で白馬岳から下山中、疲労により行動不能
8月16日 南アルプス
塩見岳~仙丈ヶ岳
周辺一帯
77 不明 行方不明 7月28日に山小屋を出発して、単独で塩見岳から仙丈ヶ岳方面に登山に向かったまま、以後、行方不明となっているもの(8月16日届出)
8月17日 北アルプス
前穂高岳東壁
41 滑落 死亡 仲間2名と前穂高岳東壁を下降中、滑落
8月18日 北アルプス
小蓮華岳
66 転倒 負傷 家族と2人で小蓮華山から下山中、転倒、負傷
8月18日 北アルプス
針ノ木岳
50 転倒 負傷 仲間4人と針ノ木岳から下山中、転倒、負傷
8月18日 中央アルプス
木曽駒ヶ岳
60 転倒 負傷 家族と2人で木曽駒ヶ岳から下山中、浮石に乗り、転倒、負傷
8月18日 八ヶ岳連峰
蓼科山
35 転倒 負傷 仲間と2人で山頂から下山中、バランスを崩し、転倒、負傷
8月18日 北アルプス
唐松岳
60 転倒 負傷 単独で八方尾根を下山中、転倒、負傷

 

クリックすると拡大した画像をご覧いただけます

8月6日南アルプス鋸岳の遭難現場の状況

 

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

週は14件の遭難が発生しました。遭難の態様としては下山中の転倒が8件、疲労による行動不能が3件ありました。下山中の転倒の多くはいわゆる危険箇所ではなく、一般登山道上での発生がほとんどです。浮石によるバランス崩し、砂利でのスリップ、岩や木の根でのつまづきなどが直接的な要因となっています。一般登山道でも岩や木の根が露出している場合が多く、そのような場所での転倒は大ケガにつながります。せっかくの登山も下山中にケガをしてしまえば台無しになってしまいます。下山時こそ慎重に一歩一歩確実に行動しましょう。

3.山岳遭難発生状況(平成31年1月1日~令和元年8月18日)

平成30年数値は1月1日からの同期間数値

区分

発生

件数

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

平成31年

令和元年

192

15

5

114

76

210

平成30年

195

23

3

101

90

217

前年同期比

-3

-8

2

13

-14

-7

4.山域別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

アルプス

槍穂高

28

14.6%

3

 

19

6

28

後立山

54

28.1%

3

 

36

21

60

その他

36

18.8%

2

 

29

7

38

118

61.5%

8

0

84

34

126

中央

アルプス

15

7.8%

4

 

8

3

15

アルプス

3

1.6%

 

2

 

2

4

八ヶ岳

連峰

17

8.9%

1

 

10

7

18

その他

の山岳

39

20.3%

2

3

12

30

47

192

 

15

5

114

76

210

5.態様別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計
転・滑落

70

36.5%

8

 

62

 

70

転倒

46

24.0%

1

 

45

 

46

病気

4

2.1%

 

 

 

4

4

道迷い

32

16.7%

 

1

 

47

48

落石

1

0.5%

 

 

1

 

1

雪崩

4

2.1%

1

 

3

 

4

落雷  

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

14

7.3%

 

 

 

14

14

不明・他

21

10.9%

5

4

3

11

23

192

 

15

5

114

76

210

6.男女別・年齢別比率

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率

19歳

以下

 

 

1

1

2

36

24.2%

 

 

1

1

2

10

16.4%

4

46人

21.9%

20代

2

 

1

9

12

 

 

 

2

2

14

30代

1

 

12

9

22

 

 

4

2

6

28

40代

4

 

17

13

34

61

40.9%

2

 

5

5

12

26

42.6%

46

87人

41.4%

50代

2

 

22

3

27

1

 

12

1

14

41

60代

 

1

16

10

27

52

34.9%

 

 

8

6

14

25

41.0%

41

77人

36.7%

70以上

3

3

11

8

25

 

1

4

6

11

36

12

4

80

53

149

 

3

1

34

23

61

 

210

 

比率

71.0%

29.0%

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)