ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

更新日:2021年9月21日

ここから本文です。

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週の発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
9月13日

北アルプス

蝶ヶ岳

44 その他 無事救出 単独で常念岳から蝶ヶ岳に向けて登山中、日没により行動不能
9月14日

北アルプス

槍ヶ岳

50 転倒 負傷 単独で槍沢を下山中、転倒、負傷
9月14日

北アルプス

前穂高岳

78 疲労 無事救出 4人パーティで奥穂高岳から吊尾根を下山中、疲労により行動不能
9月14日

塩尻市洗馬地籍

長興寺山

24 道迷い 無事救出 単独で長興寺山を登山中、道に迷い行動不能
9月14日

北アルプス

槍ヶ岳

59 疲労 無事救出 単独で槍沢を登山中、疲労により行動不能
9月15日

松本市安曇地籍

山林内

77 滑落 負傷 2人パーティできのこ採り中、滑落、負傷
9月15日

北アルプス

槍ヶ岳

59 疲労 無事救出 単独で槍沢を下山中、疲労により行動不能

9月16日

茅野市宮川地籍

下馬沢川

49 滑落 負傷 単独で下馬沢を下山中、滑落、負傷
9月17日

大町市美麻地籍

山林内

27 道迷い 無事救出 単独で山林を散策中、道に迷い行動不能
9月19日

北アルプス

白馬乗鞍岳

23 病気 無事救出 2人パーティで山小屋滞在中、体調不良により行動不能
9月19日

北アルプス

涸沢

54 病気 無事救出 2人パーティでテント泊中、体調不良により行動不能
9月19日

上伊那郡辰野町伊那富地籍

楡沢山東側の山林

70 滑落 負傷 単独できのこ採り中、滑落、負傷
9月19日

北アルプス

常念岳

69 転倒 負傷 滞在中の山小屋で転倒、負傷
9月20日

北アルプス

槍ヶ岳北鎌尾根

56 その他 無事救出 3人パーティで北鎌尾根でテント泊中、落石によりルートが崩落し、行動不能
62 その他 無事救出
59 その他 無事救出
9月20日

北アルプス

槍ヶ岳北鎌尾根

61 落石 負傷 2人パーティで北鎌尾根を登山中、落石により負傷
9月20日

八ヶ岳連峰

横岳三叉峰

58 滑落 死亡 3人パーティで硫黄岳から赤岳に向けて縦走中、滑落

9月20日

北アルプス

大黒岳

47 転倒 負傷 単独で五竜岳に向けて登山中、転倒、負傷
9月20日

南アルプス

三伏峠

73 転倒 負傷 3人パーティで三伏峠から下山中、転倒、負傷
9月20日

北アルプス

白馬岳

43 道迷い 無事救出 単独で大雪渓を下山中、道に迷い行動不能
9月20日

中央アルプス

空木岳

71 道迷い 無事救出 単独で空木岳から下山中、道に迷い、翌日自力下山

2.山岳安全対策課からのアドバイス

先週は、連休を中心に20件の遭難が発生しました。下山中の転倒、滑落の他、疲労や道迷い、日没による行動不能事案が多発傾向にあります。秋は寒暖差が大きく、標高の高い山域では朝晩は氷点下になることもあります。寒さに対する備えを忘れずにお願いします。また、日帰りの予定でも日没前に下山できない場合に備え、ヘッドライトや最低限の防寒具、シェルター等を携行しましょう。
今後、秋の紅葉の最盛期を迎えると、人気の山域では登山者が集中する傾向にあります。行き帰りの道路や登山口の駐車場等も混雑が予想されますので、人が集中する連休や週末を避ける、混雑を見越した余裕をもった計画にする等の柔軟な対応をお願いします。

3.山岳遭難発生状況(令和3年1月1日~9月20日)

令和2年数値は1月1日からの同期間数値

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計

令和3年

197

30 4 89 92 215

令和2年

123

16

1

60

57

134

前年同期比 74

14

3 29 35

81

4.山域別発生状況(令和3年1月1日~9月20日)

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

アルプス

槍穂高

45

22.8% 8

 

18

25

51

後立山

28

14.2%

2

 

11

19

32

その他

32

16.2% 4

 

19

11 34

105 53.3% 14

0

48

55

117

中央

アルプス

16

8.1%

2

1

7

6

16

アルプス

5

2.5%

  3

2

1

6

八ヶ岳

連峰

19

9.6%

4

 

6

12 22

その他

の山岳

52 26.4%

10

 

26

18

54

197

 

30 4 89 92 215

5.態様別発生状況(令和3年1月1日~9月20日)

区分 件数

件数

比率

死者 行方不明 負傷者 無事
救出
遭難者計

転・滑落

59

29.9%

14

 

45

 

59

転倒

34

17.3%  

 

34

 

34

病気 18 9.1%

4

    14 18
道迷い 29 14.7%       40 40
落石 5 2.5%     5   5
雪崩 3 1.5% 1   4   5
落雷 0 0.0%         0
疲労凍死傷 27 13.7% 4     24 28
不明・他 22 11.2% 7 4 1 14 26
197

 

30 4 89 92 215

6.男女別・年齢別比率(令和3年1月1日~9月20日)

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率

19歳

以下

 

 

 

1

1

24

16.1%

 

 

 

2

2

17

25.8%

 

3

41

19.1%

20代

3

 

1

10

14

 

 

1

8

9

23

30代

3

 

4

2

9

 

 

4

2

6

15

40代

3

1

16

12

32

71

47.7%

 

 

7

4

11

 

21

31.8%

 

43

92

42.8%

50代

6

 

15

18

39

2

 

3

5

10

49

60代

3

 

10

9

22

54

36.2%

2

 

10

4

16

28

42.4%

38

82

38.1%

70以上

7

2

12

11

32

1

1

6

4

12

44

25

3

58

63

149

 

5

1

31

29

66

 

215

 

比率

69.3%

30.7%

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)