ホーム > 山岳情報 > 遭難統計 > 山岳遭難発生状況(平成31年・令和元年中)

更新日:2020年1月14日

ここから本文です。

山岳遭難発生状況(平成31年・令和元年中)

山岳遭難発生状況

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
令和元年

265

20

7

153

110

290

平成30年

297

52

5

146

127

330

前年同期比

-32

-32

+2

+7

-17

-40

山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
北アルプス

槍穂高

52

19.6%

6

 

31

18

55

後立山

63

23.8%

4

 

40

27

71

その他

48

18.1%

1

1

36

12

50

163

61.5%

11

1

107

57

176

中央アルプス

19

7.2%

4

 

9

7

20

南アルプス

3

1.1%

 

2

 

2

4

八ヶ岳連峰

24

9.1%

1

1

16

7

25

その他の山岳

56

21.1%

4

3

21

37

65

265

 

20

7

153

110

290

態様別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
転・滑落

87

32.8%

8

 

80

 

88

転倒

66

24.9%

1

 

65

 

66

病気

12

4.5%

2

 

 

10

12

道迷い

41

15.5%

 

2

 

56

58

落石

4

0.4%

 

 

1

 

1

雪崩

4

1.5%

1

 

3

 

4

落雷  

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

27

10.2%

2

 

 

29

31

不明・他

27

10.2%

6

5

4

15

30

265

 

20

7

153

110

290

6.男女別・年齢別比率

区分 男性

(人)

比率

女性

(人)

比率

男女計
死者 不明 負傷 無事 死者 不明 負傷 無事 人数 比率

19歳

以下

 

 

1

2

3

44人

21.4%

   

1

1

2

14人

16.7%

5

58人

20.0%

20代

2

 

3

12

17

   

 

2

2

19

30代

2

 

13

9

24

 

 

7

3

10

34

40代

4

 

22

16

42

78人

37.9%

2

 

5

5

12

30人

35.7%

54

108人

37.2%

50代

3

 

30

3

36

1

 

15

2

18

54

60代

1

2

20

18

41

84人

40.8%

 

 

15

9

24

40人

47.6%

65

124人

42.8%

70以上

5

4

17

17

43

 

1

4

11

16

59

17

6

106

77

206

 

3

1

47

33

84

 

290

 

比率

71.0%

29.0%

 

(※比率の計は、小数点の調整上、一致しない場合あり。)

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?