ホーム > 北信発電管理事務所

ここから本文です。

北信発電管理事務所

logo2北信発電管理事務所へようこそ

60thロゴ

北信発電管理事務所は、長野市にある裾花発電所、奥裾花(愛称:きなさ)発電所、奥裾花第2(愛称:水芭蕉)発電所、及び湯の瀬ダム、須坂市にある豊丘ダム発電所、上田市にある菅平発電所及び菅平ダムを管理しています。長野市の3発電所と菅平発電所は、長野市川中島の中央制御所から運転・監視を行っています。

5発電所の合計最大出力は23,749kW、年間発電量は約7千万kWh(令和3年度実績)で、これは一般家庭の約1万9千世帯分、長野県で使われる電気の約0.4%に相当します。

自然エネルギーの普及・拡大を目的に、近年では、長野市鬼無里にある奥裾花ダム(長野県建設部)の雪解けに伴うダム放流水を有効活用するため、水芭蕉発電所を建設し、平成29年4月に営業運転を開始しました。

また、化石燃料に代わるクリーンエネルギーと言われている水素エネルギーの普及を目的に、企業局の水と電気を使った水素ステーションを川中島庁舎に整備し、平成31年4月から稼働させています。

2050ゼロカーボンの実現に向けて、再生可能エネルギーの供給を拡大するため、中小水力発電所の新規建設や既設発電所の大規模改修を行っています。

<大規模改修>

・裾花発電所:令和4年2月発電開始 出力増強(14,600kW→15,500kW)

・豊丘ダム発電所:令和7年度発電開始予定 大規模改修工事中(150kW→182kW)

<新規発電所建設>

・森泉湯川発電所:令和6年度発電開始予定

・金峰山川発電所:令和6年度発電開始予定

・湯の瀬いとおしき発電所:令和7年度発電開始予定

長野県企業局は、地球にやさしい自然エネルギーの普及・拡大に努めてまいります。

Twitter始めました

施設案内

川中島庁舎

北信発電管理事務所

菅平ダム

菅平ダム

菅平ダムの状況

(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

sugadaira

菅平発電所

奥裾花

きなさ・水芭蕉発電所

裾花発電所

裾花発電所

湯の瀬ダム

湯の瀬ダム

水素ステーション

川中島水素ステーション

 

金峰山川発電所(建設中)

 

morizumiyukawa

森泉湯川発電所(建設中)

 

最新情報

ダムと発電所の見学会を行います。(令和4年7月5日)

森泉湯川発電所建設工事の起工式を開催しました。(令和4年6月27日)

金峰山川発電所建設工事の起工式を開催しました。(令和4年6月3日)

お知らせ・最近のトピックス

菅平ダム現在の状況をご覧いただけます。(別ウィンドウで外部サイトが開きます)(令和2年10月9日)

菅平ダムの動画が公開されました。(水と巡る信州上田地域の旅【菅平ダムと神川の水利用】)(令和2年7月10日)

過去のトピックス

北信発電管理事務所からのお知らせ

【施設見学】

kengaku10

随時、見学を受け付けています。

(見学案内ページ)

【ダムカード】

ダムカード

ダムカードを配布しています。

(菅平ダム、湯の瀬ダム)

(配布案内ページ)

【発電所カード】

発電所カード(表)

発電所カードを配布しています。

(裾花、奥裾花、奥裾花第2、菅平、金峰山川、森泉湯川、水素ステーション)

(配布案内ページ)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

【工事・入札情報】

(情報案内ページ)

【職員採用情報】

(情報案内ページ)