ここから本文です。

更新日:2016年1月27日

長野県GAP

GAPについて


近年、輸入農産物からの残留農薬の検出や、東京電力福島第一原子力発電所の事故に起因する農産物からの放射性物質の検出、食品の偽装表示問題の発生などを契機に、消費者の食の安全・安心に対する関心がますます高まっています。
また本県においても、防除器具の洗浄不足などによるによる残留農薬基準値の超過、油や農薬の河川流出による水質汚濁事故、トラクターの転倒などによる農作業中の死亡事故等がいまなお発生しており、「農産物の質」だけでなく、「農業の質」が問われています。

このような状況の中、本県では農業生産現場において農産物や労働の安全確保及び環境に配慮した持続的な農業生産につながるGAP(農業生産工程管理・適正な農業生産活動)の取り組みを進めています。
長野県適正農業規範や長野県GAP基準を活用し、持続的な農業生産に向けた改善活動を行うことで、産地全体の信頼を高めていきましょう。



長野県ではGAPを推進しています(啓発用チラシ)(PDF:398KB)

長野県適正農業規範・長野県GAP基準



関連リンク

農林水産省(農業生産工程管理(GAP)に関する情報)のページ
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/index.html(外部サイト)

一般社団法人日本生産者GAP協会のホームページ
http://www.fagap.or.jp/index.html(外部サイト)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部農業技術課

電話番号:026-235-7222

ファックス:026-235-8392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?