ここから本文です。

更新日:2016年9月20日

エコファーマー制度について

エコファーマーの概要

 エコファーマーとは、平成11年に施行された「持続性の高い農業生産方式の導入に関する法律」に基づき、土づくりと化学肥料・化学農薬の使用の低減を一体的に行う農業生産を計画し、知事の認定を受けた農業者をいいます。

 エコファーマーになると、農業改良資金の貸付に関する特例措置として、償還期間が10年(うち据置期間3年)から12年(同3年)まで延長されます。

 また、導入計画に基づき生産された農産物に添付するシールや包装容器、チラシや名刺などに「エコファーマーマーク」を表示することができます。

 平成27年3月31日現在、県内では法人を含む4,372名の方がエコファーマーとして認定されています。

認定の条件

 エコファーマーになるためには、次の1.~4.の条件が必要となります。

 1.長野県内で農業を営む者(農業生産法人を含む)

 2.持続性の高い農業生産方式を導入しようとする農作物の作付け面積が、当該作物と同じ種類の農作物の
 合計作付面積のおおむね5割以上を行う計画であること

 3.長野県における持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針(PDF:1,019KB)に基づく、
 「土づくり技術
(堆肥等の有機質資材などを使うこと)
 「化学肥料低減技術
(化成肥料の使用を減らし有機質を原料とした肥料などを使うこと)
 「化学合成農薬低減技術 (フェロモン剤や機械除草などにより殺菌剤・殺虫剤・除草剤の使用を減らすこと)
 
 から各1技術以上を導入すること
  4.別紙 対象品目(PDF:205KB)のいずれかを主に栽培していること

認定期間

 認定書の交付から5年間です。

エコファーマーの申請

 導入計画の申請を行おうとする農地を所管する地方事務所の農政課へ申請書を提出してください。
 なお 、上記計画書には、ほ場位置図・土壌診断結果の添付が必要です。

 持続性の高い農業生産方式の導入申請書及び導入計画

  PDF形式(PDF:25KB)) (Word形式(ワード:110KB)

その他注意事項

 認定を受けた農業者には、認定導入計画の実施状況を求められる場合があります。
(報告を怠ったり、虚偽の報告をした場合は10万円以下の罰金に処されます。)

エコファーマーマークの使用について

 エコファーマーの認定を受けられた方は、「長野県のエコファーマーマーク」(下図)を、シール、包装容器・包装箱、ポスター、チラシ、ワッペン、名刺等に表示することができます。
 

エコファーマーマークの例 )

mark


エコファーマーマークを使用している生産者の詳細はこちら(別ページへリンク)

 

1.使用対象者: 長野県知事の認定を受けたエコファーマー

2.使用方法  : 長野県エコファーマーマーク使用規程(PDF:588KB)をご確認の上、エコファーマーマーク使用に係る届出書(ワード:34KB)を地方事務所農政課へ提出してください。 

3.使用状況の報告 :マーク使用者は、エコファーマー認定期間の満了時に、エコファーマーマーク使用状況報告書(ワード:20KB)を地方事務所農政課へ提出してください。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部農業技術課

電話番号:026-235-7222

ファックス:026-235-8392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?