ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > ほっとフォト信州(写真で見る県政) > ほっとフォト信州 令和3年(2021年) > ほっとフォト信州 令和3年(2021年)3月

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

ほっとフォト信州 令和3年(2021年)3月

松本市の中核市移行に伴う事務引継式

2021年03月30日

画像:署名する知事と松本市長

松本市が令和3年4月1日から中核市に移行することに伴い、知事と松本市長が県庁で、事務引継書への署名を行いました。
知事は署名後のあいさつで、「中核市移行を機に松本市のさらなる発展のみならず、松本広域、中信地域、さらには県全体の発展に向け、他の市町村をけん引していっていただきたい」と中核市移行への期待を述べました。

画像:事務引継書を持った知事、松本市長

第31回技能グランプリ受賞者が太田副知事を訪問

2021年03月24日

技能グランプリの受賞者の記念撮影

熟練技能を競う全国規模の競技大会「第31回技能グランプリ」において入賞した皆さまが県庁を訪れ、太田副知事に受賞を報告しました。
プラスチック系床仕上げや印章木口彫刻などの種目において、金賞2名、銅賞3名、敢闘賞1名の6名が入賞し、本県選手団は「全国技能士会連合会会長賞」を受賞しました。
太田副知事は入賞を祝福するとともに「さらなる技能の研鑽と後進の指導にご尽力ください」と激励の言葉を贈りました。

長野県中小企業振興センターと長野県テクノ財団の合併契約締結式

2021年03月23日

画像:署名する両団体の理事長の写真

長野県中小企業振興センターと長野県テクノ財団の令和4年4月1日の合併に向け、両団体の理事長が知事の立ち合いの下、合併契約書に署名をしました。
これまで、両団体は、県内企業の相談段階に応じた支援をそれぞれで行ってきましたが、社会経済の変化や支援ニーズの多様化等へ対応するため、支援機関を一体化し、商品やサービスの企画から販路開拓まで一貫した支援体制を整備します。
知事は、「新しい財団ができることを機に、産業界が担うこと、行政が担うことをしっかり整理し、連携して県内産業の発展に向けて取り組んでいきたい」と述べました。

画像:合併契約書を持っての記念撮影。知事や関係者総勢6名。

カーボン・ニュートラル達成に向けた大学等の貢献に係る学長等サミット

2021年03月23日

写真:発言する知事

文部科学省と環境省が主催する「カーボン・ニュートラル達成に向けた大学等の貢献に係る学長等サミット」が開催され、知事がオンラインで参加しました。
知事は、脱炭素社会の実現に向け、いままでの社会常識にとらわれない新たな発想やアイデアを出せる独創性のある人材の育成など、大学への期待を述べました。

写真:他の発表者の発言を聞く知事

脱炭素都市国際フォーラム

2021年03月18日

写真:発言する知事

環境省が主催する「脱炭素都市国際フォーラム」が3月17日・18日に開催され、知事がオンラインで参加しました。
2日目の開会セッションに登壇した知事は、「脱炭素社会実現のためには国と地方のパートナーシップの強化、未来を担う若い世代をはじめ多くの市民を巻き込んでの取組が重要である」と述べ、世界の国や地域が力を合わせ取り組むことを呼び掛けました。

写真:知事がモニターを見ながら参加者の説明を聞く様子

駐日チェコ共和国特命全権大使マルチン・トムチョ閣下が知事を訪問

2021年03月16日

写真:懇談する駐日チェコ共和国特命全権大使と知事

駐日チェコ共和国特命全権大使のマルチン・トムチョ閣下らが県庁を訪れ、知事と懇談しました。懇談では、2020年に日本とチェコの交流100周年を迎えたこと、「スメタナ・リトミシュル会」を通じた民間交流、チェコスロバキア(当時)から提供いただいたシナノユキマスの養殖など長野県とチェコのつながり、さらには気候変動など世界共通の課題や産業面での連携について意見交換しました。

写真:笑顔で記念撮影する駐日チェコ共和国特命全権大使と知事

県政ティーミーティングを開催

2021年03月15日

ティーミーティングで参加者が記念撮影している様子

知事と県民のみなさんが県政への意見や提案を気軽に語り合う「県政ティーミーティング」。
令和2年度第3回の参加グループは、「ながの協働ねっと」のみなさん。
若者が学校や家庭以外の新たな居場所を見つけ、自ら考える力を身につけるため、地域活動やボランティアへの参加を支援するプロジェクト「地域まるごとキャンパス」について意見を交わし、知事は「今後、若者が参加する地域活動のあり方を検討する場を設けていきたい」と述べました。

環境省「グッドライフアワード」環境大臣賞優秀賞受賞団体が知事を訪問

2021年03月10日

写真:知事と記念撮影をする有限会社カネマツ物産の4名

環境省が主催し、環境と社会によい活動を応援する「グッドライフアワード」において環境大臣賞優秀賞を受賞した2団体のみなさんが県庁を訪れ、知事に受賞を報告しました。
受賞団体は、地域に根差した八百屋として、地元の自然栽培野菜を使い切るための流通や総菜の冷凍販売の展開等が評価された「有限会社カネマツ物産」と、35年に渡り全国の小中学生に向けた山村留学事業など自給自足的な暮らしを目指す活動等が評価された「NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター」です。
懇談で知事は、「持続可能な社会を目指す長野県にとって先導的な取り組みであるため、ぜひその理念や方法を広めていっていただきたい」と述べました。

写真:知事と記念撮影をするNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターの2名

日本女子プロサッカーリーグ岡島チェアと長野パルセイロアスレチッククラブの皆さんが知事を訪問

2021年03月02日

女子プロサッカーリーグのみなさんと知事などが記念撮影

日本初の女子プロサッカーリーグとなるWE(ウィー)リーグが今年開幕を迎えるにあたり、一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ岡島チェアと株式会社長野パルセイロ・アスレチッククラブの皆さんが知事を訪問しました。
岡島チェアは、「県と協力して少女の夢になるようなリーグにしていきたい」と意気込みを語り、知事は「スポーツを通じた元気な長野県づくりを目指している」とあいさつし、WEリーグの発展とAC長野パルセイロ・レディースの活躍に期待を寄せました。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?