ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > ほっとフォト信州(写真で見る県政) > ほっとフォト信州 令和2年(2020年) > ほっとフォト信州 令和2年(2020年)1月

ここから本文です。

更新日:2020年2月5日

ほっとフォト信州 令和2年(2020年)1月

認定特定非営利活動法人カタリバと連携協定を締結

2020年01月30日

katariba

長野県および長野県教育委員会と、認定特定非営利活動法人カタリバは、災害時の子どもたちの心のケアや居場所づくりなどに対応するため、活動場所の確保、情報伝達、関係市町村や団体との連絡・調整などにおいて、連携していく協定を締結しました。
カタリバは、台風第19号災害発生後、長野市の柳原小学校で「コラボスクールながの」を開設し、被災した子どもたちの居場所づくりをすることで、子どもの心のケアや、被災した家を片付けなければならない親たちの支援をしてきました。
知事は、災害時の支援活動への感謝を伝えるとともに、「いつ来るかわからない大規模災害に備え、被災時に子どもの支援活動がスムーズに行えるよう協力したい」と話しました。

学びの県づくりフォーラムVol.5

2020年01月25日

写真:講演している池上彰さん

学びの県づくりフォーラムVol.5(地方創生フォーラムin長野との共同開催)をジャーナリストの池上彰さんをお招きし、長野市で開催しました。池上さんからは、生涯を通じて学ぶことの喜びについて講演いただき、その後知事や地域づくり活動実践者を交えて行ったパネルディスカッションでは、地域の暮らしと学び合いについて活発に意見交換しました。

写真:池上彰さん、知事、その他参加者による集合写真

写真:意見を述べている阿部知事

夏りんご「シナノリップ」を使用した瓶チューハイ新発売!

2020年01月24日

写真:記念撮影する県と宝酒造

宝酒造株式会社が2018年に市場デビューしたばかりの長野県産オリジナル品種のりんご「シナノリップ」を使用したクラフトチューハイ「寶クラフト」〈信州シナノリップ〉を地域限定で販売することとなり、知事を訪問しました。新製品がシナノリップのブランド力向上につながることを期待しています。

第16回ハンセン病市民学会全国交流集会 in 長野の実行委員会が知事を訪問

2020年01月21日

ハンセン病市民学会総会全国交流集会の実行委員会訪問

「第16回ハンセン病市民学会全国交流集会 in 長野」を令和2年5月16~18日に開催するにあたり、大会への出席と県の協力を要請するため、実行委員会の方々が知事を訪問しました。
これまではハンセン病療養所のある都県(全国14箇所)で開催されてきました(第2回富山市を除く)。今回は療養所が存在しない長野県での開催。

長野県は、平成18年度に「長野県ハンセン病問題検証会議」で過去の県等の過ちを検証しており、ハンセン病問題について元患者である伊波敏男実行委員長が県内小中学校で300回近い講演活動を実施するなど、人権教育・啓発に積極的に取り組んできました。県としても今大会の成功のため、またハンセン病問題の正しい理解と差別の解消に向けて協力していきます。

中国最大の旅行社が知事を訪問

2020年01月14日

中国旅游集団旅行服務有限公司の皆さんと知事らの記念撮影

2020年5月に中国から軽井沢町に向けて催行される大型のインセンティブ旅行(企業の報奨・研修旅行)を企画した中国最大の旅行社「中国旅游集団旅行服務有限公司」の鄭麗娟(てい・れいけん)副総経理が県庁を訪れ、知事と懇談しました。このツアーは県の誘致により実現したもので、懇談ではツアーの経済効果のほか、ホストタウンによる友好交流や信州まつもと空港の国際チャーター便による人の行き来の拡大など今後の期待について意見を交わしました。

農業経営者とのファーマーズ会議を開催

2020年01月10日

ファーマーズ会議

農業者が希望をもって取り組めるこれからの農業経営について、知事と懇談するファーマーズ会議が長野市で開催されました。
会場には長野県農業経営者協会・長野県農業士協会などの会員約130名が参加し、災害復興や地域防災の視点からの農業について提案や意見交換が行われました。また知事に「匠の逸品」として台風で被災した会員が栽培したりんごが手渡されるなど、災害からの農業の復興について改めて確認しました。

地方創生・SDGs国際フォーラムへ太田副知事が参加

2020年01月10日

写真:SDGs国際フォーラムで長野県の取組を紹介している太田副知事

「地方創生・SDGs国際フォーラム」が開催され、経済・金融関係など500人を超える参加者の中、長野県から太田副知事がパネリストとして参加しました。
セッションでは、昨年4月に全国に先駆けて始まった「長野県SDGs推進企業登録制度」をはじめとする、長野県のSDGs達成に向けた取組について紹介しました。

信州ITバレー推進協議会 キックオフ会議を開催

2020年01月10日

gazou1

昨年9月に策定した「信州ITバレー構想」を推進する組織「信州ITバレー推進協議会(NIT:ニット)」のキックオフ会議を開催しました。
NITは、IT関連団体や信州大学、長野県立大学など31機関が参加し、産・学・官が連携して県内のIT人材確保・IT企業集積を図ることを目的としています。
今後はIT人材の交流を促すためのイベントなどを開催する予定です。

信州味噌を使用した商品を新発売!

2020年01月07日

写真:記念撮影する太田副知事と村瀬事業サポート本部長

長野県と包括連携協定を締結し、長野県産食材を使用した商品の販売等を行っている株式会社ローソンの村瀬事業サポート本部長が太田副知事を訪問し、信州味噌を使用した「信州味噌ラーメン」、「信州味噌焼きおにぎり」の関東甲信越エリアでの発売を報告しました。副知事は「長野県を代表する発酵食品である信州味噌を情報発信していただけて大変ありがたい。」とあいさつしました。

長野県庁ガイダンス、県庁ガイダンス女子会を開催

2020年01月06日

写真:知事のメッセージに耳を傾ける参加者

県の仕事内容を紹介する県庁ガイダンスを12月27日に、女性向けの県庁ガイダンス女子会を1月6日に開催し、2日間で約250名が参加しました。参加者は、知事からのメッセージや、仕事内容、採用試験の説明に熱心に耳を傾けていました。また、フリートークや個別相談では、笑顔も見られる和やかな雰囲気のなか、仕事内容や試験対策などの質問に職員が自身の経験を交えて答えていました。

写真:笑顔でフリートークする職員と参加者

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?