ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > ほっとフォト信州(写真で見る県政) > ほっとフォト信州 平成28年(2016年) > ほっとフォト信州 平成28年(2015年)3月

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

ほっとフォト信州 平成28年(2015年)3月

「シナノゴールド」の大規模商業栽培に向けたライセンス契約を締結

2016年03月24日

画像:「シナノゴールド」の大規模商業栽培に向けたライセンス契約を締結

イタリア南チロルのりんご生産者団体(VOG、VI.P)と県は、県果樹試験場が育成したりんご「シナノゴールド」のイタリアにおける大規模商業栽培のライセンス契約を締結しました。
両団体は平成19年からシナノゴールドの試験栽培を行っており、平成26年からは商業栽培を開始。今回の契約締結により栽培面積を広げ、「yello(イエロー)」の名でヨーロッパやロシア、北アフリカなどに販売する予定です。
締結式で阿部知事は「『イエロー』がEUの皆さんを中心に親しまれ、多くの方に愛されるよう願っている」とあいさつしました。

第3回信州協働大賞表彰式

2016年03月24日

画像:第3回信州協働大賞表彰式

さまざまな主体との協働を推進するため、優れた協働事業を実施している県内の団体を表彰する「第3回信州協働大賞」の表彰式を県庁で行いました。
大賞を受賞したのは、子どものありのままの声を聞き、温かく寄り添う無料相談電話「チャイルドライン」を運営している長野県チャイルドライン推進協議会(諏訪市)。他に2事業9団体が特別賞を、2事業2団体が優秀賞を受賞しました。

東京海上日動火災保険株式会社と信州創生に向けた連携協定を締結

2016年03月23日

画像:東京海上日動火災保険株式会社と信州創生に向けた連携協定を締結

東京海上日動火災保険株式会社と県は信州創生に向けた連携協定を締結し、県庁で協定締結式を行いました。
協定は、人材の定着や県内産業の振興、県内企業の海外展開・インバウンドの推進、暮らしの安心への取り組みで連携を進めることとしています。
県ではこれまで金融機関などとも協定を締結。今後、協定に基づき互いの強みや専門性を生かしながら、信州創生をより一層進めてまいります。

宇宙飛行士 油井亀美也さんに知事表彰を授与

2016年03月19日

画像:油井宇宙飛行士(知事表彰)

川上村出身のJAXA宇宙飛行士油井亀美也さんが、ISS(国際宇宙ステーション)からの帰還後初めて長野県を訪れ、母校の川上村中学校で開催された「油井宇宙飛行士ミッション報告会~亀の恩返し~in川上村」に出席。冒頭、長野県初の宇宙飛行士として県民に夢や希望を与えていただいた油井さんに阿部知事から表彰状を手渡しました。

報告会では、油井さんがISSでのミッションを紹介した他、会場の子どもたちからの質問に答え、大いに盛り上がりました。報告会後、油井さんは「長野県の皆さま方が応援してくださって本当に感謝しています。いろいろなところで私の経験をお話しして恩返しをしていきたい。」と語りました。

画像:油井宇宙飛行士(ミッション報告会)

第3回信州おもてなし大賞を表彰

2016年03月17日

画像:第3回おもてなし大賞表彰式

他の模範となる「おもてなしの活動」に取り組む企業・団体、個人を表彰する「第3回信州おもてなし大賞」表彰式を長野市内で開催し、2団体に大賞を、2名、2団体に奨励賞を阿部知事から授与しました。観光大県づくりに向けた「おもてなしの活動」の広がりが期待されます。

県政ランチミーティングを開催

2016年03月17日

画像:県政ランチミーティング

県民の皆さんと知事が昼食を食べながら気軽に県政について語り合う県政ランチミーティングを県庁で開催しました。今回の参加者は、長野県シニア大学長野学部を今年2月に卒業した第38期水曜日クラスの皆さん。同大学で学んだ知識や経験を生かし、地域のボランティア活動に積極的に参加しています。
懇談では、シニア世代の地域社会貢献のあり方について話し合いました。

青少年健全育成のための寄付金贈呈式

2016年03月14日

画像:青少年健全育成のための寄付金贈呈式

長野県カラオケスタジオ協会様から県内の青少年健全育成運動を推進する青少年育成県民会議に寄付金30万円が贈呈されました。同協会の田村晃一会長から県民会議の会長を務める阿部知事に目録が贈られ、知事からは感謝状を贈呈しました。
寄付金は青少年健全育成運動を活性化させるための各種施策に活用してまいります。

第9回国際アビリンピック出場選手が太田副知事を表敬訪問

2016年03月11日

画像:第9回国際アビリンピック出場選手が太田副知事を表敬訪問

障がい者が日ごろ培ったさまざまな技能や技術を競い合う世界大会、「国際アビリンピック」が今年3月、フランスで開催されます。この大会の「洋裁(応用)」種目に出場する松川町出身の小倉光男さん(写真右)が県庁を訪れ、太田副知事を表敬訪問しました。
小倉さんは平成24年に開催された第33回アビリンピック長野大会の洋裁種目で優勝。第35回の愛知大会には招聘選手として参加し、その高い技能が認められ日本代表に選出されました。国際アビリンピックでの活躍が期待されます。

「信州ものづくり産業応援助成金」事業認定通知書交付

2016年03月09日

写真:事業認定書交付の様子

県内に工場等を新増設する企業を応援する「信州ものづくり産業応援助成金」の事業認定通知書交付式を県庁で行いました。今回認定されたのは、各種金属の部品加工及び組立、ユニットバスパネルの製造を行っているコトヒラ工業株式会社。製缶一貫工場を東御市に増設し、15名の新規雇用が見込まれています。
助成金の認定事業件数は、今回で延べ71件です。

信州の生物多様性保全を推進する2つの協定を締結

2016年03月08日

写真:信州の生物多様性保全に係る協定締結の様子

県では、生物多様性を守り、次世代に引き継ぐため保全団体や企業などさまざまな主体が連携し、社会全体で保全に取り組む仕組みの構築を進めています。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社と長野県は政策研究で得たノウハウの提供やイベント共催等の協力に関して、帝京科学大学・木曽町・信州生物多様性ネット きずなと県は木曽町における生物多様性保全の研究、保全活動などに関してそれぞれ基本協定を締結。生物多様性を保全するための取り組みをさらに進めてまいります。

写真:信州の生物多様性保全に係る協定締結の様子

「信州ACEチキンカツ弁当」新発売

2016年03月08日

写真:信州ACE弁当発表会の様子

(株)セブン-イレブン・ジャパンと県が共同企画した「信州ACE弁当」の販売が県内のセブン-イレブン全店で始まり、県庁では中島副知事も出席して新商品の発表会が行われました。健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」の一環として開発されたもので、セブン-イレブンで販売されるACE弁当は今回が第3弾となります。

おいしく健康的に食べられるようにと塩分控えめで野菜をたっぷり使い、チキンカツをメインに食べ応えもあるお弁当になっています。

写真:信州ACEチキンカツ弁当

「長野県産巨峰のチューハイ」発売に合わせ中島副知事を表敬

2016年03月07日

画像:「長野県産巨峰のチューハイ」発売に合わせ中島副知事を表敬

合同酒精株式会社(オエノングループ)が展開する缶チューハイシリーズの第7弾、「長野県産巨峰のチューハイ」の全国発売に先立ち、同社の崎谷和治(さきや かずはる)首都圏営業部長が中島副知事を表敬訪問しました。
缶のパッケージには「しあわせ信州」のロゴが採用され、またシリーズで初めて売り上げの一部を信州の山岳環境保全活動のために寄付いただけることとなりました。寄付は登山道整備などに活用してまいります。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?