ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > ほっとフォト信州(写真で見る県政) > ほっとフォト信州 平成27年(2015年) > ほっとフォト信州 平成27年(2015年)1月

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

ほっとフォト信州 平成27年(2015年)1月

県勢初のアマチュア横綱と学生横綱の二冠を達成!大道久司選手にスポーツ栄誉賞を授与

2015年01月28日

写真:スポーツ栄誉賞授与の様子

県勢初となるアマチュア横綱と学生横綱の二冠を達成した大道久司選手の活躍をたたえ、阿部知事からスポーツ栄誉賞が授与されました。

表彰式で大道選手が「栄誉ある賞を頂き、大変うれしく思います。優勝できたのは皆さんや地元の応援のおかげ。これからプロデビューするが地元の期待に応えられるように上を目指していきたい。」と今後の抱負を語ると、知事からは「素晴らしい活躍は長野県全体の大きな喜び。これも大道選手の日頃の精進の成果だと思う。木曽地域は災害など暗い話題があったが、大道さんの活躍は木曽の皆さんに夢や希望を与えてくれた。県としても本当にうれしいニュース。これからは横綱を目指して頑張っていただきたい。」とプロデビューする大道さんを激励しました。
大道選手は出羽海部屋への入門が決まっており、3月の春場所で初土俵を踏む予定。今後の角界での活躍が期待されます。

写真:握手する大道選手と阿部知事

さらなる連携を目指して!長野県・河北省友好提携30周年記念式典を開催

2015年01月26日

画像:長野県・河北省友好提携30周年知事・省長会見の様子

中国河北省の張慶偉(ちょう けいい)省長を団長とする代表団18名が来県し、県との友好提携30周年を記念した式典・レセプションを長野市で開催しました。昨年11月の日中首脳会談後、中国から省長を迎えた地方間の交流は国内初。式典に先立って行われた会見で、「長野県は歴史や文化、豊かな自然、人の力などさまざまな資源に恵まれており、河北省のさらなる発展に協力できる。」とあいさつした阿部知事に張省長は「この30年間で4人の省長が長野県を訪問した。これからも他地域の模範となるような友好関係を構築していきたい。」と応えました。

これまで農業や工業、医療分野での研修生の受入れや学校間での交流を行ってきた長野県と河北省。この日の式典で「冬季スポーツ」、「医療・介護」、「環境」の3分野での交流を強化していく旨の覚書を締結しました。今後、両県省は日中地方間交流の先進的なモデルとなるよう連携を深めていきます。

画像:長野県・河北省友好提携30周年記念式典の様子

画像:長野県・河北省観光交流の覚書

また、28日には栗進路旅遊局長と野池明登観光部長が、観光交流を強化する覚書を締結。両県省はスキー、歴史文化遺産を活用した観光の促進、石家荘空港、北京首都第二空港と信州まつもと空港を活用した観光の促進、青少年の相互交流を図る教育旅行の促進で協していきます。

第67回全国植樹祭大会テーマ、ポスター原画優秀賞の表彰式を開催

2015年01月22日

画像:ポスター表彰

2016年春季に長野県で開催される「第67回全国植樹祭」の大会テーマとポスター原画優秀賞の表彰式を県庁で行いました。
大会テーマ「ひと ゆめ みどり ~信濃から 未来へつなぐ 森づくり~」の作者の一人である大阪府在住の池永一広さんと、ポスター原画作者の中村実紘さん(高遠高等学校2年)に、大会実行委員長である阿部知事から信州産のヒノキで作られた賞状が贈られました。

中村さんはポスター原画について「自然が好きなので、身近な動物、植物をちりばめながら、中央の手は私たち若者の手を表現し、私たちの世代から木を植えていきたいというメッセージを込めました。」と思いを語りました。
県では全国植樹祭などで使用する苗木の育成をご家庭等で行っていただく「苗木のホームステイ」の募集や、企業等の協賛募集も引き続き行っています。

画像:植樹祭表彰式集合

御嶽山噴火災害対応に係る知事表彰を授与

2015年01月21日

画像:御嶽山知事表彰

昨年発生した御嶽山噴火災害の人命救助や捜索活動において、人的・物的支援をいただいた方々への謝意を表するため、阿部知事から10名と110団体に表彰状の授与と、2名と60団体に感謝状の贈呈を行いました。また、お礼の品として木曽ヒノキのグラスを贈りました。

阿部知事は式辞で、多くの協力があって大規模な捜索活動ができたことを感謝するとともに、「山岳の安全対策、火山の防災対策にしっかりと取り組み、今回の教訓を生かしていきたい。」と災害に強い長野県づくりについて決意を述べました。
陸上自衛隊12旅団司令部岡部勝昭幕僚長から受賞者を代表して「過酷な環境だったが、活動にあたった一人ひとりが使命感をもって一人でも多くの被災者を救助したいという思いから最後まで活動ができた。任務とはいえ、改めて長野県知事より評価していただき、心より御礼申し上げます。」との答辞がありました。
お支援いただいた皆さまに感謝するとともに、このような災害が二度と起きないことを祈ります。

画像:御嶽山表彰全体

信州の山岳環境保全活動のため寄付金を贈呈

2015年01月20日

写真:イオン株式会社様からの寄付金贈呈式の様子

長野県と包括連携協定を締結しているイオン株式会社様から「信州の山岳環境の保全活動に役立ててほしい。」として寄付金を贈呈していただきました。
3回目となる「信州アルプスWAON」の売上金からの今回の寄付金額は、177万4千175円。
いただいた寄付金については、山小屋関係者と協力して行う長野県の登山道の整備に役立ててまいります。

山岳遭難防止対策のための寄付金を贈呈

2015年01月20日

登山専用のSNSサイト「ヤマレコ」を運営する株式会社ヤマレコ様、会員制の山岳保険制度を運用するやまきふ共済会様、山の天気予報「ヤマテン」を運営する株式会社ヤマテン様から、山岳遭難防止対策のためのご寄付をいただきました。3事業者は、昨年12月に安全登山を支援する有料サイト「チーム安全登山」を共同設置。ヤマレコ上で登山計画書を作成・提出すると自動的に給付範囲が広がる山岳保険制度が付帯される他、山岳遭難を未然防止するための啓発活動を行うこととしています。
阿部知事は感謝状を贈呈し、「県民の財産である山をしっかり守り、生かしていこうと、昨年『信州 山の日』を制定した。登山の安全対策に有効に活用させていただきます。」と述べ、長野県の山が安全で親しんでもらえるよう引き続き協力を依頼しました。

写真:山岳遭難防止対策の寄付金贈呈式の様子

上田が舞台の映画「サムライフ」関係者が阿部知事を表敬訪問

2015年01月19日

写真:知事表敬訪問の様子

上田市が舞台の映画「サムライフ」の原作者で、主人公のモデルでもある長岡秀貴さん、主演を務めた三浦貴大さん、監督の森谷雄さんが、2月7日の長野県内先行ロードショーを前に、阿部知事を表敬訪問しました。
同映画は、長岡さんが、「苦しんでいる子どもたちに必要とされる学校を作りたい。」との熱い想いをかなえ、上田市にフリースクールを設立するまでの実話を描いた作品です。

主演の三浦さんは初めて台本を読んだときに「本当にこんな人が実在するのか?」と思ったというエピソードを披露。森谷監督は、「夢をかなえることは素敵なことだということを観ていただいた方に感じてもらえれば。」と映画に込めたメッセージについて語りました。
原作者の長岡さんが「こういった作品を通して、若者が抱える問題について関心を持つ人たちが増えてくれるのが一番の願い。」と話すと、阿部知事は「県としても若者たちがもっとポジティブに生きていけるようにしていかなければいけない。皆さんの映画をその宣伝材料に使わせてもらいます。」と応えていました。

写真:表敬訪問時の記念撮影の様子

地域のものづくり産業の今後は?~県政タウンミーティングを伊那市で開催~

2015年01月16日

写真:タウンミーティングでの意見交換の様子

知事と県民の皆さんが意見交換を行う県政タウンミーティング。今回は「産業人材の育成 ~事業・技術の継承、南信工科短大の開設に向けて~」をテーマに伊那市で開催しました。
知事は開会にあたり「今日はものづくり産業の在り方、産業人材育成の在り方について意見交換をし、これからの長野県の産業人材育成の進むべき道、そして上伊那地域、伊那谷の将来の方向性について一緒に考えていきたい。」とあいさつしました。
タウンミーティングではKOA株式会社代表取締役会長の向山孝一氏と有限会社スワニー代表取締役社長の橋爪良博氏をゲストに迎え、阿部知事と鼎談。上伊那地域のものづくり産業の強みや来年春に開校の南信工科短期大学校が果たす役割や人材育成の拠点として期待することなどについて意見交換を行いました。

「しあわせ信州移動知事室」がスタート

2015年01月13日

写真:移動知事室の様子

「しあわせ信州移動知事室」は、知事が一定期間、一つの地域に腰を落ち着けて執務を行い、知事と県民の皆さんとのコミュニケーションの機会をできるだけ設け、共感と対話の県政を推進することを目指しています。
初めてとなる今回は、上伊那地域で実施。
初日は、オープニングセレモニーの後、県現地機関の長や若手県職員との対話を行いました。

昼食後は、県政ティーミーティングを実施。
第5回長野県不登校を考える県民のつどい実行委員会のメンバーと不登校の児童・生徒への支援策等について、じっくり意見を交換しました。

移動知事室の期間は1月13日から17日までの5日間。
期間中は、県政タウンミーティングやものづくり企業、アルストロメリアの農場などを訪問します。
移動知事室の詳細は、上伊那地方事務所のブログ「い~な 上伊那」でご覧いただけます。

写真:ティーミーティングの様子

地域を元気にするリーダーを育成「地域に飛び出せ!信州元気づくり実践塾」が閉講

2015年01月09日

元気づくり実践塾閉講式

元気な地域づくりを担うリーダーの育成を目的に昨年6月にスタートした「地域に飛び出せ!信州元気づくり実践塾」の閉講式が県庁で行われました。
式では、これまでの集大成として、塾生の皆さんが来年度以降に取り組もうとしている地域づくりの活動計画等の発表を行いました。塾生の指導に当たってきた3名の塾頭は「地域とともに覚悟を持ってやれば、お金には代えられない喜びがある。」「自分が一歩前に出れば周りの人から助言がもらえ、ノウハウや手法は加速度的に増えていく。今日発表したものをしっかりと実践してほしい。」と激励。知事は「しっかりと志を持って、それぞれの地域をけん引するエンジンになってほしい。」とエールを送りました。

平成27年のスタート仕事始めの式を開催

2015年01月05日

画像:仕事始め

新しい年を迎え、県庁で仕事始めの式を行いました。
講堂に集まった約650人の職員を前に知事は「職員の皆さんには徹底してやりぬくこと、新しいことだけでなく今までやってきたことにも継続して取り組むことを心がけてほしい」とあいさつ。
その後、県警音楽隊の伴奏により県歌「信濃の国」を斉唱しました。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?