ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > ほっとフォト信州(写真で見る県政) > ほっとフォト信州 平成25年(2013年) > ほっとフォト信州平成25年(2013年)8月

ここから本文です。

更新日:2013年9月22日

ほっとフォト信州平成25年(2013年)8月

ギールリンガーオーストリア経済家族青年省審議官が阿部知事と対談

2013年08月29日

画像:対談の様子

「オーストリア森林・林業フォーラムin長野」の開催にあたり、初来日したギールリンガーオーストリア経済家族青年省審議官が、阿部知事と対談しました。
オーストリアは長野県と似た急峻な地形を有する内陸国。ギールリンガー審議官も、「新幹線から長野県の風景を見て、オーストリアにとても似ていると感じた。」と語っていました。
対談では、豊富な森林資源をさまざまに活用している林業立国である同国と、互いの林業振興に協力していくことを確認しました。

次世代信州農業マーケティングアカデミー「サマーセミナー」を開催

2013年08月28日

写真:セミナーで行われたパネルディスカッションの様子

農業者や食品加工業者、観光業者、消費者など様々な分野の方が「おいしい信州ふーど(風土)」を自ら発信し、生産・品目・取組を拡大するため、次世代信州農業マーケティングアカデミー「サマーセミナー」を軽井沢町で開催しました。
今回のセミナーのテーマは、「長寿日本一の恵み」。株式会社オレンジページ常務取締役姜明子様の基調講演のほか、県内各地の取組事例の発表や「おいしい信州ふーど(風土)」大使玉村豊男様をコーディネーターにパネルディスカッションが行われ、集まった約140人の参加者が熱心に聞き入っていました。
セミナーに参加した阿部知事は、「県民が元気で暮らしていける県であり続けるためにも農業は重要。おいしい信州ふーど(風土)のすばらしさを多くの人に知っていただきたい。」とあいさつしました。今後は、研修会や商談会を開催するほか、参加者の方々にも、それぞれに発信活動を行っていただきます。

農業の6次産業化の現状を視察 駐日タイ王国特命全権大使が和田副知事を表敬

2013年08月26日

写真:表敬の様子

タナティップ・ウパティシン駐日タイ王国特命全権大使の一行が、長野県農業の6次産業化の実情を視察するために長野県を訪れ、和田副知事を表敬訪問されました。
和田副知事は「長野県とタイ王国との間には、企業が古くから進出するなど親交があります。また南北に広く、標高差も大きい長野県にはおいしい農産物がたくさんあります。有意義な視察になることを望んでおります。」とあいさつ。大使も「長野県にはTPPで自由化されても競争ができる農場もあると聞いています。今後農業分野での長野県との協力関係をぜひ強めていきたい。」と応じていました。

伝統文化を生かした地域づくり 県政ティーミーティングを開催

2013年08月26日

写真:県政ティーミーティングの様子

県政に対するご意見やご提案について、知事とお茶を飲みながら気軽に語り合う「県政ティーミーティング」を松川村で開催しました。
今回の参加者は「有明山語りの会」の皆さん。松本安曇野平に伝わる歴史や民話を、地域で歌われる民謡「正調安曇節」を用いた語りと邦楽によって広め、地域の魅力をPRしています。
会員の皆さんに民謡を披露していただいた後に意見交換。地域の伝統文化を継承してくことの重要性や伝統文化を生かした観光PR等について話し合われました。知事は、「伝統文化の継承・発信を行っている皆さんの活動を応援できるような取り組みを考えたい。」と述べました。

社会保障のあるべき姿を議論「現場の視点でとらえた社会保障懇話会」を開催

2013年08月22日

写真:社会保障懇話会の様子

「現場の視点でとらえた社会保障懇話会」の最終回となる第7回会合が県庁で開催され阿部知事も出席しました。同懇話会は社会保障制度に関する課題等について、国に対して現場の視点から提言を行うとともに、県の政策に反映させるため平成24年2月に発足し、これまで議論を重ねてきました。
この日の会合では、委員から平均寿命と健康寿命の差を縮めることを強く打ち出すことや長寿県である長野県の長所をもっと押し出すべきとの意見が出されました。

ベストを尽くして勝利を目指せ!松商学園高等学校軟式野球部の皆さんが副知事を表敬

2013年08月19日

写真:加藤副知事を訪問した松商学園高等学校野球部の皆さん

「第58回全国高等学校軟式野球選手権大会」に北信越代表として出場する松商学園高等学校軟式野球部の皆さんが、加藤副知事を表敬訪問しました。同高校は4年ぶり28回目の出場と、全国で最多の出場を誇ります。主将の井上卓哉選手は、「伝統校の誇りを胸に、勝利を目指したい。」と意気込みを語りました。
大会は、8月25日から兵庫県の明石トーカロ球場、高砂市野球場で開催されます。

高校生の感性を生かして販売します

2013年08月19日

写真:デパートゆにっとの様子

県内12の高校で商業を学ぶ高校生たちが自分たちで企画開発した商品を販売する「デパートゆにっと」が長野市内のデパートで開催され、知事が視察しました。この合同販売は、高校生が製品企画や流通などマーケティングについて専門家から学んできた成果を発表し「ホンモノの商い」をする場として企画されたものです。店頭には、県内産の食材を使用したお弁当やお菓子など90点余りが並びました。

知事は、商品の特徴を聞きながら、「県内には魅力的な食材がまだまだあるので、いろいろな商品を今後も開発してください。」と生徒たちに声を掛けていました。

写真:商品の特徴を聞く知事

有機栽培の農作物を広めるために菅原文太さんが知事と面談

2013年08月13日

写真:知事と懇談する菅原さん

元俳優の菅原文太さんが阿部知事と面談しました。菅原さんは山梨県で有機農業に取り組んでおり、同県の「農政アドバイザー」も務めています。
有機栽培の農作物を発信していくため、両県が協力することを提案された菅原さんは、面談後に「山梨県と長野県は隣同士。いい農業をお互いにやっていろいろな形で手をつなげていきたいとお願いした。知事も多いに賛同してくれた。」と語ってくださいました。
今後、両県で具体的な連携方法の検討を進めていきます。

善光寺から全国へ”打ち水”で省エネと涼しさをPR

2013年08月07日

写真:善光寺打ち水の様子

さわやか信州省エネ大作戦の一環として、善光寺の門前で打ち水が行われました。
省エネ意識の高揚と長野県の涼しさを全国に発信しようということで長野商工会議所女性会等の皆さんのご協力により実施。加藤副知事を含めた総勢120人の参加者により参道に水を打ちました。
開始前の石畳の温度は50.4度。打ち水の後は40.1度と10度も下がり、夏の日差しがじりじりと照りつける暑い午後にひとときの涼しさを運んできてくれました。

勝利を目指して!若穂ソフトボールクラブの皆さんを激励

2013年08月06日

写真:若穂ソフトボールクラブ加藤副知事表敬の様子

第13回全日本中学生男女ソフトボール大会(女子の部)に長野県代表として出場する若穂ソフトボールクラブの皆さんが加藤副知事を表敬訪問しました。
ソフトボールが楽しくて練習も苦にならないという選手の皆さんが、「たくさん試合ができるよう、1試合でも多く勝ちたい。」と意気込みを語ると、加藤副知事は「これまでの練習の成果を発揮して思う存分戦ってきて。」と激励しました。
大会は、8月13日から大阪市此花区舞洲運動広場で開催されます。

甲子園で上田西旋風を!上田西高等学校野球部の皆さんが知事を表敬

2013年08月01日

写真:上田西高校野球知事表敬の様子

8月8日から開催される第95回全国高等学校野球選手権大会に長野県代表として出場する上田西高等学校硬式野球部の皆さんが知事を表敬訪問し、初出場の意気込みを語りました。
熱戦の連続で県大会を制した上田西高校の選手たちが、晴れやかな表情で「伸び伸びとプレーしてきます。」と話すと、知事は選手一人ひとりと握手を交わし、激励しました。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?