ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 施策・計画 > エコまち法-認定基準-

ここから本文です。

更新日:2016年11月21日

エコまち法-認定基準-

低炭素建築物新築等計画の認定基準について

〔制度の概要〕〔認定の手続き〕・〔認定基準〕・〔様式〕

認定基準

低炭素建築物新築等計画の認定には、1.技術基準【必須項目(定量的評価項目)+選択項目】及び2.基本方針等の基準に適合することが必要です。

<1>技術的基準(評価機関による事前審査が可能な基準)[法第54条第1項第1号]

  • 必須項目(定量的評価項目)

…省エネ法の改正省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が-10%になること

  • 選択項目

…低炭素化に資する措置を行うこと例)雨水の利用、節水対策、太陽光発電+蓄電池等

<2>基本方針等の基準[法第54条第1項第2号]

  • 計画内容が基本方針に照らして適切であること
  • 資金計画が計画を確実に遂行するために適切であること

(参考)認定基準の概要(PDF:2,484KB)【国土交通省資料】

 

認定基準の詳細な内容については、下記告示を御確認ください。

 

 

計算支援プログラム

低炭素建築物新築等計画の認定基準のうち、1.技術的基準の必須項目(定量的評価項目)における一次エネルギー消費量の算定において、計算支援プログラムが公開されていますので、参考としてください。

 

その他の基準

長野県では、認定を行うにあたり必要な事項を要綱として策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?