ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 施策・計画 > 応急危険度判定士講習会

ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

被災建築物応急危険度判定士講習会

(※本講習は「長野県木造住宅耐震診断士養成講習会」とは別の制度です。)

平成28年度被災建築物応急危険度判定士養成講習会を開催します。

 

長野県では、大規模な地震が発生した場合、県からの要請により被災地に赴き、被災した建築物が余震等に対し、引き続き安全に使用できるかを応急的に調査し、余震等による倒壊や部材の落下等による二次災害発生の危険度の判定を行う応急危険度判定士(以下「判定士」という。)の認定制度を平成7年度から実施しています。

判定士として登録するには、県の主催する講習会を受講する必要があり、毎年度、養成講習会を開催していますが、本年度も判定士として登録するために必要な講習会を開催します。

開催概要

開催日時、開催場所、申し込み方法は、下記開催案内を参照してください。

申し込み様式

参考

(1)関係団体

(2)要綱

(3)様式等

<WORD版>

<PDF版>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?