ホーム > 長野県警について > 組織について > 交番・駐在所のしごと > 呼出電話機(緊急通報装置)のお知らせ

更新日:2013年8月30日

ここから本文です。

呼出電話機(緊急通報装置)のお知らせ

呼出電話機(緊急通報装置)

交番・駐在所の警察官が不在の場合には、「呼出電話機」により、直接、警察署にいる警察官と通話することができます。


入口にある呼出電話機(緊急通報装置)を確認してください。


プラスチックケースのカバーを開けてください。


受話器を持ち上げれば警察署の警察官と通話できます。

注意
警察官が奥の仮眠室にいる場合は、インターホンで警察官を呼び出してください。
警察官が交番・駐在所内にいる場合は、呼出電話機(緊急通報装置)が使えません。

警察官が交番・駐在所にいない場合は、どうすればいいの?

「110番」による通報

110番は、警察本部にある通信指令台で受理し、無線で警察署に指令することから、いち早く警察官が現場へ駆けつけることができます。

呼出電話機(緊急通報装置)による通報

交番や駐在所まで行き、警察官が不在の場合には、入口にある呼出電話機(緊急通報装置)を使い、直接、警察署の警察官と話をしてください。

お問い合わせ

長野県警察本部地域部地域課
電話:026-233-0110(代表)