更新日:2017年4月14日

ここから本文です。

ひったくり

あなたのバッグが狙われています

  • 女性や高齢者が狙われやすいので特に注意する
  • 裏通りは避け、明るく、人通りの多い表通りを通る
  • バッグ類は後ろから見えないように抱える
  • バッグ類は車道の反対側に持つ
  • 現金は身につける
  • 自転車の前カゴには市販されている「防犯ネット」を付ける

ひったくりの被害に遭わないための4つのポイント

1行時は、バッグを建物側に持つ

  • バッグを持つ場合は、車の通る側と反対側(建物側)に持つ。
  • 肩掛け式のバッグは、身体につけ、ベルトを握りながら脇を閉じる。

歩行時は、バッグを建物側に持つ

2転車の前カゴは、フタをする

  • バッグを前カゴに入れるときは、上に新聞・雑誌・買い物袋などを乗せてフタをする。
  • 「ひったくり防止カバー」や「ひったくり防止ネット」でカゴを覆う。

自転車の前カゴは、フタをする

3回りしても、安全な道路を選ぶ

  • 夜間でも明るい道路。

  • 歩車道の区別(分離柵)のある道路。

遠回りしても、安全な道路を選ぶ

4後方には、気を配る

  • ときどき後ろを振り返る。
  • 車両や人が近づいてくる気配がしたらその方向を見る。

後方には、気を配る

戻る

お問い合わせ

長野県警察本部生活安全部生活安全企画課
電話:026-233-0110(代表)