ホーム > 諏訪保健福祉事務所

諏訪保健福祉事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

新着情報

新着情報一覧

 

お知らせ

 

トピック    

「エイズ予防ウィーク in NAGANO」の街頭キャンペーンを行いました

 

 6月1日(木)の朝、JR上諏訪駅前にてエイズに対する正しい知識と、早期発見のための検査の重要性について長野県PRキャラクター 「アルクマ」 と一緒に啓発活動を行いました。

  「エイズ検査は、あなたにも必要です」

 諏訪保健福祉事務所(保健所)ではエイズ・性感染症に関する相談・検査を匿名・無料で行っています。まずはエイズ専用相談電話(0266-57-5656)までお電話ください。

エイズ予防啓発

 

 

諏訪地域献血推進協議会総会が開催されました。

 

 平成29年5月31日諏訪合同庁舎講堂で諏訪地域献血推進協議会総会が開催され、今年度の献血推進事業の計画等が決まりました。

 さらに、この席で献血推進に顕著な業績のあった3事業所が表彰されました。

 受賞された事業所の皆様おめでとうございました。

 

 また、総会後の研修会では、長野県赤十字血液センター諏訪出張所の堀内事業課長から最近の献血状況についてご講演いただき、献血の重要性を再認識しました。

 

【受賞された事業所】

○ 長野県献血推進協議会長表彰受賞者

  株式会社 ダイイチコンポーネンツ(茅野市)

○ 諏訪地域献血推進協議会長表彰受賞者

  太陽工業株式会社 諏訪南工場(茅野市)

  株式会社 イングスシナノ(下諏訪町)

 諏訪地域献血推進協議会総会表彰式

 

長野県食生活改善推進協議会すわ支部定期総会が開催されました。

  4月26日(水)諏訪合同庁舎講堂にて、長野県食生活改善推進協議会すわ支部(小松多惠子支部長、会員250名) の定期総会が開催されました。食生活改善推進員の皆さんは、「ヘルスメイト」の愛称で、「私達の健康は私達の手で」をキャッチフレーズに、地域で健康づくりや食育に関する活動をされています。

 総会後の研修会では、諏訪赤十字病院 看護係長 濱さつき氏、看護係長 名取裕子氏により 「地域における高齢者支援」 と題し、ご講演をいただきました。地域で高齢者を支援する際の心構えや、暮らしの中の運動習慣、脳のトレーニングなど、実技を交えて楽しく学ぶことができました。

syokukaisoukai

諏訪地域健康づくり推進研修会を開催しました。

 諏訪地域における健康づくりや食育のより効果的な推進を目的とし、2月22日(水) 諏訪合同庁舎において、研修会を行いました。
 諏訪地域健康づくり推進会議や食育推進連絡会構成団体の皆さんにご出席いただき、白井 祐二 諏訪保健福祉事務所長による講話 「諏訪地域の健康課題」 を聴講し、主要死因別標準化死亡比や特定健診データの市町村別集計結果等から把握される課題について共有しました。
また、各所属における取組の状況などについて情報交換しました。


 健康づくり研修会

 

 

 思春期関係者研修会を開催しました。

 諏訪地域の思春期に携わる関係者の資質向上を図るため、1月19日(木)、諏訪湖流域下水道事務所4階大会議室にて、研修会を開催しました。
 今年度は「セクシュアル・マイノリティ」をテーマに行い、管内の小中高校の養護教諭のほか、性教育担当の教諭や県・市町村の教育委員会関係者等、幅広い参加をいただき、関心の高さがうかがわれました。
 2名の方の体験談と、支援者の立場から長野性教育研究会理事の方のお話をお聞きし、参加者それぞれが、これから自分に何ができるかを考える機会となりました。
  

思春期研修会

 

 

食育イベント&講演会を開催しました。 

 諏訪地域における食育推進のため、1月14日(土)JR茅野駅前のマリオローヤル会館にて、食育イベント&講演会(茅野市共催)を行いました。
 イベントコーナーでは「野菜たっぷり適塩生活」をテーマに、健康に配慮した料理の試食・展示、だし汁飲み比べクイズ、野菜の重さ当て、野菜スタンプ等々、多くの皆様に食育経験を楽しんでいただきました。 
 また、諏訪中央病院名誉院長 鎌田 實 氏より 「健康長寿のための食の工夫」 についてご講演いただきました。
 

食育フォーラム食育フォーラム(鎌田先生)

野菜120gってどの位?                   諏訪中央病院 鎌田名誉院長 

 

11月25日から12月1日は長野県「世界エイズデー」普及啓発週間です。

 啓発週間初日の11月25日(金)に、JR上諏訪駅前においてHIV/エイズに対する正しい知識と早期検査の重要性について啓発活動を実施しました。諏訪保健所職員の他に、長野県臨床検査技師会南信支部から3名の皆さんにご参加いただき、一緒に啓発活動を行いました。
 また期間中、諏訪合同庁舎1階県民ホールに啓発コーナーを設置し、HIV/エイズや性感染症に関する正しい知識の啓発等を実施しています。
 啓発週間に限らず、諏訪保健所ではエイズ・性感染症に関する相談・検査を下記日程で実施しています(匿名・無料・要予約)。

 ・ 毎週水曜日 午前9時から11時まで 

 ・ 毎月第2水曜日 午後4時から7時まで

 ・ 予約相談は0266ー57ー5656まで (エイズ相談専用電話)

世界エイズデー啓発コーナー

※諏訪合同庁舎1階県民ホール啓発コーナー

 

諏訪市食生活改善推進協議会の皆さんが厚生労働大臣より表彰されました。

 諏訪市食生活改善推進協議会の皆さんの永年の活動が、平成28年度栄養関係功労者として全国食生活改善推進大会席上で厚生労働大臣より表彰され、その報告に 中山 碩子 会長 が来所されました。
 諏訪市食生活改善推進協議会は、昭和42年に全国に先駆けて発足し、その後49年間「私達の健康は私達の手で」を合い言葉に、地域に根差した食生活改善活動、健康づくり活動を行っています


諏訪市食生活改善推進協議会 

※ すわ支部食生活改善推進協議会顧問の諏訪保健福祉事務所長を囲んで (前列右より 中山碩子会長、白井所長、小林頼子副会長)


  「やつがね交流会」 を開催しました。

 11月2日(水)に諏訪市総合福祉センターにおいて 「やつがね交流会 ~こころの輪を広げ、ふれあいを楽しもう~ 」 を開催しました。この交流会は精神障がいのある当事者、家族、ボランティア、支援関係者、地域住民等がともにつどい、交流し、精神保健に対する理解を深めることを目的に 「やつがね交流会」 実行委員会が主催し開催されております。

 当日は158名の皆さんにご参加いただき、参加団体の活動発表、茶話会、事業所の物品販売等をとおして交流を深めるとともに、 町 季与子 先生による全体レクレーションで楽しい時間を過ごしました。

やつがね交流会3やつがね交流会2  

 

 

 

  特定給食施設等従事者研修会を開催しました。

 7月12日に、管内の病院、福祉施設、事業所などの特定給食施設に従事する皆さんを対象とした研修会を開催し、90名の方が参加されました。

 松本大学人間健康学部 成瀬 祐子 専任講師による 「給食提供と減塩を考える」 と題した講演のほか、  当所担当者による食品衛生管理に関する講演や健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」に関する情報提供を行いました。

 ・信州ACE(エース)プロジェクトについては専用Webサイトをご覧ください。(下記バナーをクリック)

ACEプロジェクト(外部サイト)

  特定給食施設等従事者研修会