ホーム > 諏訪保健福祉事務所

諏訪保健福祉事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

新着情報

新着情報一覧

 

お知らせ

 

 

トピック

9月10日~16日は、自殺予防週間です。

 自殺対策基本法では、9月10日(土)から16日(金)までを自殺予防週間として定めています。
 この週間は、広く自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるとともに、自殺対策の総合的な推進に資することを目的としています。

 週間中の取り組みとして平成28年9月9日(金) 県内各地域で一斉に街頭啓発が行われ、当所では茅野市と共同でオギノ茅野ショッピングセンターにおいてポケットティッシュを配布し、

くらしと健康の相談会(PDF:185KB)」等相談窓口のPRを行いました。

  自殺一斉啓発

 

アルコール依存症学習会を開催しました。

 9月2日に富士見町町民センターにおいて、お酒の問題で悩んでいるご本人やそのご家族の方がアルコール依存症についての正しい知識を持ち、回復に向けての一歩を踏み出せるようになるとともに、広く一般の方がアルコール依存症についての理解を深めることで、回復者を支える社会をつくることを目的として、学習会を開催し、約70名の方が参加されました。

 元こころの医療センター駒ヶ根 看護師長 大谷 一義 氏による 「アルコール依存症の理解と回復への道」と題した講演のほか、学習会に先立ち、富士見酒害者回復クラブ主催による10周年を記念する会が開催されました。

アルコール学習会

 

  特定給食施設等従事者研修会を開催しました。

 7月12日に、管内の病院、福祉施設、事業所などの特定給食施設に従事する皆さんを対象とした研修会を開催し、90名の方が参加されました。

 松本大学人間健康学部 成瀬 祐子 専任講師による 「給食提供と減塩を考える」 と題した講演のほか、  当所担当者による食品衛生管理に関する講演や健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」に関する情報提供を行いました。

 ・信州ACE(エース)プロジェクトについては専用Webサイトをご覧ください。(下記バナーをクリック)

ACEプロジェクト(外部サイト)

  特定給食施設等従事者研修会

  「エイズ予防ウィーク in NAGANO」の街頭啓発活動を行いました。    

 エイズ予防ウィーク初日の6月1日に、JR上諏訪駅前にてエイズに対する正しい知識と早期検査の重要性について啓発活動を行いました。

 保健所職員の他に、諏訪赤十字看護専門学校のピアカウンセラーの学生さん2名にもご参加いただき、一緒に啓発活動を行いました。

 エイズ予防ウィークに限らず、諏訪保健所ではエイズ・性感染症に関する相談・検査を下記日程で実施しています(匿名・無料・要予約)。

  毎週水曜日 午前9時~11時

  毎月第2水曜日 午後4時~午後7時

  検査には予約が必要となります。専用電話0266-57-5656までお問い合わせください。

エイズ予防ウィーク