ホーム > 社会基盤 > 建設・建築・開発 > 建築確認 > 建築確認申請台帳記載事項証明書について

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

建築確認申請台帳記載事項証明書について

建築確認申請台帳記載事項証明書の発行に手数料が必要になります。

不動産の売買や金融機関への借り入れ等をする場合に、確認済証や検査済証の提出を求められる場合がありますが、これらは再発行することができません。

このため県では、これらを紛失された方に対し、県で保存する台帳に記載されている事項について、建築確認申請台帳記載事項証明書として証明しています。

(注)建築物等の現況及び所有権その他の権利関係を証明しているものではありません。

従来、この証明は手数料を徴収せずに行ってきましたが、平成24年4月1日から手数料が必要になりますので、ご理解ご協力をお願いします。

(注意事項)

次のような申請は、証明書の発行をお断りすることがあります。

  • 知り得た情報が営利を目的として利用されるおそれがあるとき
  • 申請をしようとする建築物等が特定されていないとき
  • 証明書が不正に利用されるおそれがあるとき

申請窓口

建設事務所 建築課又は整備・建築課

発行手数料

400円/1通
※長野県収入証紙による納付をお願いします。

申請方法

事前に必要事項をお調べのうえ、以下の様式に記入し、窓口に提出してください。

なお、詳細が不明な場合は、以下の検索キーワードに、わかる範囲で記入してください(物件の特定をお手伝いします)。

 

メールによる仮申請

建築当時の地名地番、建築主名、確認番号及び確認年月日のすべてが明確な場合は、事前に電子メールによる仮申請をすることができます。

この場合は、次の1から7の事項を必ず記入してください。

  1. 建築当時の地名地番
  2. 建築主名
  3. 確認番号
  4. 確認年月日
  5. 証明書の交付申請者及び連絡先
  6. 使用目的
  7. 証明書の交付申請者と建築主名が異なる場合の関係及び理由

なお、お受取り等については、窓口からご連絡します。

(注)上記1から7の事項に誤りがありますと、物件の特定ができず、証明できませんので、お間違いのないようお願いします。

仮申請はこちらへ

【佐久地域】

【上田地域】(注)

【諏訪地域】(注)

【伊那地域】

【飯田地域】(注)

【木曽地域】

【松本地域】(注)

【大町地域】

【長野地域】(注)

【北信地域】

(注)長野市、松本市、上田市、岡谷市、諏訪市、塩尻市、飯田市では、市において建築確認を行っています。

建設年度、建築物の規模によって、台帳証明を県が行う場合と市が行う場合がありますので、個々にお問合せください。

証明書の交付についての留意事項

原則として、証明書の即日交付は行いません。詳細は申請窓口に相談してください。
 

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?