ホーム > 社会基盤 > 建設・建築・開発 > 建築確認 > 構造計算における各基準値について

ここから本文です。

更新日:2016年9月9日

構造計算における各基準値について

垂直積雪量と多雪区域・積雪の単位荷重(令86条第2項、第3項)(平12建告第1455号)(長野県建築基準法施行細則第9条)

積雪荷重を算出するための垂直積雪量

積雪荷重を算出するための垂直積雪量は、平12建告第1455号及び長野県建築基準法施行細則第9条に定められています。

垂直積雪量d=α×al×c+β×rs+γ

α、β、γ:区域に応じて平12建告第1455号別表による数値
al:建築物の敷地の標高(m)
c及びrs:市町村の区域に応じて長野県建築基準法施行細則別表第1による数値

当該地の標高を入力すると垂直積雪量が自動で算出される以下のシートをご活用ください。

垂直積雪量算出シート(エクセル:77KB)

※当該地の標高は、ご自身の調査等により確認してください。(お問い合わせいただいてもお答えできません)

参考リンク:国土地理院地図閲覧サービス(外部サイト)

※市町村合併の経過は以下の市町村課のページをご覧ください。

参考リンク:明治以降の市町村合併について

知事が垂直積雪量の数値を別に定める区域

上記算定式の他、長野県建築基準法施行細則第9条第3項により、知事が垂直積雪量の数値を別に定める区域(以下の区域)があります。

詳しくは管轄する地方事務所(商工観光)建築課までお問い合わせください。

大町市、池田町、松川村、白馬村及び小谷村の一部

【お問い合わせ先】

中野市、飯山市、山ノ内町、木島平村、野沢温泉村及び栄村の一部

【お問い合わせ先】

特定行政庁が定める多雪区域と積雪の単位荷重は、長野県建築基準法施行細則第9条第1項に定められています。

多雪区域と積雪の単位荷重

多雪区域

積雪の単位荷重

垂直積雪量dが1m以上となる区域 30N/㎡/cm

 

地震地域係数Z(令88条第1項)(昭55建告第1793号)

地震力を算出するための地震地域係数Zは、昭55建告第1793号に定められています。

  • 地震地域係数Z=1.0(長野県全域)

基準風速Voと地表面粗度区分(令87条第2項)(平12建告第1454号)

風圧力を算出するための基準風速Voは、平12建告第1454号に定められています。

  • 基準風速Vo=30m/秒(長野県全域)

風圧力を算出するための地表面粗度区分は、平12建告第1454号により、Ⅰ~Ⅳに分類されています。

このうち、地表面粗度区分ⅠとⅣについては、「特定行政庁が規則で定める区域」となりますが、長野県が定める区域はありません。

したがって、長野県においては、都市計画区域の内外や建築物の高さ等により、地表面粗度区分はⅡ又はⅢとなります。

地表面粗度区分

建築物の高さ

都市計画区域内

都市計画区域外

海岸線又は湖岸線(対岸までの距離が1,500m以上のものに限る)までの距離

200m以下

200m超~500m以下

500m超

31m超

13m超~31m以下

13m以下

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?