環境保全研究所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

アフラトキシン

アフラトキシンはカビ毒の一種であり、B1、B2、G1、G2及びM1などの種類があり、強い毒性を持っている。中でもアフラトキシンB1は天然物中最も強力な発がん性を有することが知られている。
アフラトキシンはピーナッツやナッツなどの種実類から検出されたことがある。
アフラトキシンは熱に安定であることから、加熱調理などにより分解しないため、汚染されると除去することが困難である。

お問い合わせ

環境保全研究所 

電話番号:026-227-0354

ファックス:026-224-3415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?