ホーム > 長野県水産試験場 > 実績・活動 > 信州サーモン > 信州サーモンってな~に?

水産試験場

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2014年6月24日

信州サーモンってな~に?

信州サーモンってな~に?

○信州サーモンとは
 長野県水産試験場が約10年かけて開発し、種苗生産や養殖を行うために水産庁に申請したマス類の新しい養殖品種です。平成16年4月26日付けで承認されました。

 (1)特性
 ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジー技術を用いて交配した一代限りの養殖品種です。

 

写真:ニジマス三倍体
ニジマス(四倍体) メス
× 写真:ブラウントラウト
ブラウントラウト オス
  矢印  
写真:信州サーモン
「信州サーモン」

信州サーモンを作り出した技術については、こちらから

信州サーモンのQ&Aについては、こちらから

 (2)特徴
  肉質 ○いつも変わらず肉厚でおいしい。
      ○ニジマスに比べて肉のきめが細かい。
      ○体色が銀色できれい。
  飼育 ○ニジマスがかかりやすい魚の病気に強い。
      ○ニジマスの飼育施設、飼育技術がそのまま使える。
      ○繁殖能力を持たないため、万一自然界に出ても繁殖しない。
      ○稚魚から約2年で全長50~60cm、体重1.5~2kg程度に成長する。

  ※信州サーモンの種苗の生産は長野県水産試験場のみが行います。

・水産試験場が信州サーモンの親魚を管理することが承認の条件となっています。

・卵から稚魚までの歩留が不安定なため、当面は稚魚を県内の養殖業者へ供給することにしています。

このお店で取り扱っています。

お問い合わせ

水産試験場 

電話番号:0263-62-2281

ファックス:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?