ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

県歌「信濃の国」

「信濃の国」県歌制定50周年事業情報

「信濃の国」県歌制定50周年特設サイトへリンク(外部サイトへリンク)

 

県歌について

(歴史、歌詞の意味)

曲の再生 歌詞・楽譜 「信濃の国」を訪ねて

■県歌「信濃の国」について

「信濃の国」は、1899年(明治32年)に長野県師範学校教諭の浅井洌(きよし)が作詞、翌1900年(明治33年)に同校教諭の北村季晴(すえはる)が作曲しました。

「信濃の国」はもともと信濃教育会(注)が作った唱歌です。

当時は教育の場にも日清戦争の影響が及んでおり、これを心配した同会が戦争とは離れたテーマを教材とすることを目的に長野師範学校の教諭に作成を依頼したもので、「地理歴史唱歌」6作品の中の1つでした。

1900年(明治33年)10月に行われた師範学校の運動会で女子部生徒の遊戯(今でいえばダンス)に使われたのが、「信濃の国」が初めて披露された場であるといわれています。

その後「信濃の国」は、師範学校の卒業生が県内の学校で生徒に教えたことにより各地に広がり、歳月を経て、親から子へ、子から孫へという形で歌い継がれてきました。

昭和41年に県章やシンボルを決定した際、「信濃の国」を県民意識の高揚のために県歌に制定してはどうかという気運が盛り上がり、昭和43年5月20日に「信濃の国」が県歌として制定されました。こうして「長野県民のほとんどが歌える」と言われる県歌が誕生したのです。

(注)信濃教育会:現在の公益社団法人信濃教育会。長野県の教育向上を図る目的で設立された、県下の小・中・高・特別支援等学校及び大学の教職員等教員による団体。研修や教育・学術図書の研究などを実施。

(参考1):「信濃の国」の誕生について(PDF:160KB)

太田今朝秋著『県歌「信濃の国」の誕生―県民愛唱歌の今と昔―』より一部抜粋(太田今朝秋氏略歴)

長野県総務部広報県民室初代室長として、「信濃の国」の県歌制定に尽力。

現在、長野市文化芸術協議会顧問。

(参考2):「歌い継がれる県歌「信濃の国」(PDF:2,821KB)

(インターネット版広報ながのけん2013年1月号より)

(参考3):「信濃の国」に登場する語句の意味について(PDF:201KB)

(出典:市川健夫・小林英一編著『県歌信濃の国』(1984年銀河書房))

(参考4):依田弁之助作曲の「信濃の国」楽譜(PDF:102KB)

当初「信濃の国」の作曲は、1899年(明治32年)に長野師範学校の依田弁之助(よだべんのすけ)教諭(上田市出身)によって行われています。依田版「信濃の国」は雅楽調のゆったりした旋律でした。
優雅ではありましたが、単調であったため、あまり歌われなかったのではないかと伝えられています。

(参考5):「長野県民歌」楽譜及び歌詞(PDF:178KB)

「長野県民歌」は、昭和22年に公募により選定された歌です。普及に努めたものの、あまり浸透しませんでした。

(参考6):キッズチャンネル・ながの「シンボル&県歌」

長野県のシンボルと県歌「信濃の国」について、クイズ形式で説明しています。

県政モニターアンケート調査結果(平成27年度実施)

県歌制定50周年を迎える「信濃の国」について、県民の認知度等の調査を平成27年に実施しました。

その結果、約8割の方が「信濃の国」を歌えると答えました。

今後ますます親しみを持っていただくとともに、歌い継いでいただけるような取組を進めてまいります。

調査の詳細は下記をご覧ください。

平成27年度第2回県政モニターアンケート調査(「信濃の国」の調査は13ページをご覧ください。)

 

ページの先頭へ戻る

 ■曲の再生

(このページの音声再生にはWindowsMediaPlayerが必要です。入手はWindowsMediaplayerのダウンロードページ(外部サイト)から。)

「信濃の国」の演奏

演奏:長野県警察音楽隊

県警音楽隊演奏の再生(WMA:2,793KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

 

「信濃の国」斉唱(日本語版)

作成:公益社団法人長野青年会議所、歌唱:長野少年少女合唱団(2005年)

信濃の国斉唱の再生(WMA:7,490KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

 

「信濃の国」斉唱(英語版)

作成:公益社団法人長野青年会議所、歌唱:長野少年少女合唱団(2005年)
英語版の歌詞は”信濃の国英語版"(PDF:82KB)をご覧ください。

信濃の国英語版斉唱の再生(WMA:7,891KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

(※上記「信濃の国」斉唱バージョン(日本語版・英語版)は、2005年に公益社団法人長野青年会議所が作成したものです。営利目的での二次配布、及び長野青年会議所に許可のない複製を禁じます。また、英語版の歌詞の著作権は長野青年会議所に帰属します。なお、現在長野青年会議所では歌詞や音源の配布はしておりません。)

オルゴール音源

信濃の国の1番及び転調になる4番、最後の部分にアレンジを加えたものを6番としてオルゴール音源を作成しました。

この音源の営利目的での二次配布を禁じます。

1番

 

信濃の国オルゴール音源1番の再生(WMA:922KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

4番

信濃の国オルゴール音源4番の再生(WMA:1,476KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

1番+4番

信濃の国オルゴール音源1番+4番の再生(WMA:2,282KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

1番+4番+6番

信濃の国オルゴール音源1番+4番+6番の再生(WMA:3,309KB)(左のアイコンをクリックして演奏をお楽しみください。)

ページの先頭へ戻る

■歌詞・楽譜(伴奏譜)

 


歌詞1番から3番


歌詞4番から6番


(※歌詞の内容や送り仮名などは、昭和6年の浅井洌直筆を基礎にしています。)

歌詞のダウンロード(PDF:15KB)

歌詞の現代語訳のダウンロード(PDF:75KB)

楽譜のダウンロード(PDF:181KB)

JASRAC許諾マーク

JASRAC許諾第J180424756

【上記楽譜(小山清茂編曲)の使用に関する注意事項】

 

 ■「信濃の国」を訪ねて

長野県公式観光Webサイト「さわやか信州旅.net」(外部サイト)

信濃の国の歌詞に登場する名所等についてこちらから検索することができます。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?