ホーム > 暮らし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 部落差別解消推進法

ここから本文です。

更新日:2017年7月13日

部落差別の解消の推進に関する法律が公布、施行されました

県においては、同和問題に関し、「長野県人権政策推進基本方針」に基づいて取り組んでいます。

相談体制の充実については、相談の窓口となる人権啓発センターの啓発・相談員を研修に参加させるとともに、より専門性の高い人材の登用を図るなど体制の強化に努めてきました。

また、教育については、各学校において、総合的な学習の時間などで、本県独自に作成したリーフレットの活用等により、同和問題を児童・生徒が自らの問題として考える学習に取り組んでいます。

さらに、啓発については、人権啓発センター職員が講師を務める学習会において同和問題をテーマとして取り上げるとともに、県内で活躍しているプロスポーツ4チームと連携し、同和問題も含めた人権啓発のための冠試合やテレビCMを実施するなど、多様な手法により取り組んでいるところです。

今後とも、「部落差別の解消の推進に関する法律」の基本理念に則り、関係機関との連携の下、取組を進めてまいります。

「同和問題に関する偏見や差別をなくそう」(法務省作成啓発リーフレット)(PDF:330KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部人権・男女共同参画課

電話番号:026-235-7106

ファックス:026-235-7389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?