ホーム > 暮らし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > ハンセン病問題関係メインページ

ここから本文です。

更新日:2017年11月13日

ハンセン病問題関係メインページ

ハンセン病問題に関する啓発活動

ハンセン病問題に関する正しい知識の普及啓発により、差別や偏見の解消を図るため、以下の取組を実施しています。

ハンセン病療養所入所者との懇談会

ハンセン病療養所に入所されている方をお招きし、当時の具体的な状況や思いをお聞きするとともに、参加者と話し合うことで、ハンセン病に対する正しい知識の普及と理解の促進を図っています。

ハンセン病療養所訪問交流事業

ハンセン病療養所を訪問し、当時の入所者の方が過ごされてきた生活を知ることで、ハンセン病問題についてより深く考えることを目的に、平成18年度からハンセン病療養所訪問交流事業を実施しています。

平成29年10月25日(水曜日)に多磨全生園を訪問しました

ハンセン病問題に関するパネル展示

ハンセン病問題について、その状況等を広く知ってもらうため、6月20日から24日の間、県庁1階玄関ホール及び長野県人権啓発センター(千曲市)において、企画展示を行いました。

ハンセン病問題啓発パンフレット(PDF:1,586KB)

ハンセン病問題について啓発パンフレットを作成し、配布しています。

長野県ハンセン病問題検証会議

ハンセン病問題の事実、実態を明らかにし、今後の教訓とするため、検証会議を設置し、検証活動が行われ、平成18年度に報告書が取りまとめられました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部人権・男女共同参画課

電話番号:026-235-7106

ファックス:026-235-7389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?