ここから本文です。

更新日:2018年5月9日

消防防災ヘリコプターの活動の一部再開について

平成30年5月7日(月曜日)に開催された安全運航会議において、消防防災ヘリコプターの活動の一部再開を決定しました。再開される活動内容は「火災防ぎょ活動」、「救急活動」、「災害応急対策活動」となります。

消防防災ヘリコプターによる飛行訓練の再開について

消防防災ヘリコプターによる運航再開に向けて、民間航空会社からの借上げ機体により、民間操縦士が長野県の地理・地形を習熟するための飛行訓練等を別添のとおり実施します。

県消防防災ヘリコプターによる訓練再開について

消防庁が示した消防・防災ヘリコプター訓練計画を参考とし、隊員に対する研修や民間操縦士が本県の地理・地形を習熟する飛行訓練、消火活動訓練等に係る計画を策定しました。

消防防災航空体制の再構築に向けて

消防防災航空体制の再構築に向けて、下記の「消防防災航空体制のあり方検討会」での議論を踏まえ、今後の活動再開に向けた運航体制や更なる安全対策等について、別添のとおり方針をとりまとめました。(平成29年11月16日)

消防防災航空体制のあり方検討会

目的

長野県消防防災ヘリコプター「アルプス」の事故により、消防防災航空体制の機能が失われていることから、今後のあり方について県、市町村、消防本部が一体となって検討を行う場として、消防防災航空体制のあり方検討会を設置する。

委員名簿

検討経過および検討結果

会議録

第1回検討会

第2回検討会

第3回検討会

作業部会

消防防災体制のあり方検討作業部会 資料集


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部消防課

電話番号:026-235-7407

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?