ホーム > 仕事・産業・観光 > 森林・林業 > 施策・計画 > 森林整備保全重点地域制度の概要

ここから本文です。

更新日:2014年6月16日

森林整備保全重点地域制度の概要

~長野県ふるさと森林づくり条例~

森林整備保全重点地域制度の概要

 

 

 

 

 
 森林の持つ県土の保全、水源のかん養などの機能を高度に発揮させるために特に重要な地域を、「長野県ふるさとの森林づくり条例」第19条に基づき知事が指定をするものです。
 
      
○地域森林委員会が組織されます。
 地域住民や森林所有者、森林づくりに関係する方々によって、地域の森
林づくりの中心となる「地域森林委員会」が組織されます。
 

 

 
○森林整備保全計画を作成します。
 森林の整備・保全のための具体的な方針を作成します。
 
○整備保全計画に基づき事業が実施されます。
 森林整備の重点的な事業導入や保安林の指定及び管理を進めます。
 

    

 
○森林管理権の移転等をあっせんします。
  所有者による森林管理が困難な場合、所有者の申出により、県が意欲・能力のある方へ管理権の移転等をあっせんします。
 

あっせん制度の詳しい内容はこちら

 
○小規模開発の監視をします。
 0.1ha以上の開発行為を行う場合は、県への届出が必要になります。
 

開発の届出制度の詳しい内容はこちら

 
 
 
 ○森林所有者や住民の合意が得られている地域
 
 ○面積的にまとまりのある流域
 
 ○山地災害防止機能や水源かん養機能が高い地域
 
 
 
市町村長からの申出 → 県の審査 → 森林審議会の意見聴取 → 

地域指定案の公告・縦覧(30日間) → 指定(告示)

 
 
 
 森林整備保全重点地域に指定されると、これまでの森林整備への補助事業よりも有利な事業を実施できます。
 
  県と市町村 の補助により、森林所有者による整備が期待できない森林の整備
 を、所有者の負担なしで実施 できます。
 
   事業主体:地方公共団体、森林組合、森林施業計画の認定を受けた者など
   補 助 率 :10/10(造林補助金の残額を県と市町村 が負担)
 
 
         平成 21年8月現在
 
地  域  名 指定年月日 面 積
根羽村森林整備保全重点地域

H17.10.17

8,176ha
木祖村森林整備保全重点地域

H17.10.17

5,164ha
長野市鬼無里地区森林整備保全重点地域

H18. 6.22

8,920ha
南相木村森林整備保全重点地域

H19. 3.29

3,633ha
塩尻市楢川地区森林整備保全重点地域

H21. 8. 3

4,287ha
   ※ 「地域名」をクリックすると、地域の概要がご覧いただけます。

お問い合わせ

林務部森林政策課

電話番号:026-235-7262

ファックス:026-234-0330

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?