• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2017年1月20日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
1月11日

白馬

乗鞍岳

51 転倒 負傷

バックカントリーで入山し、

スリップして転倒、負傷

1月12日 八ヶ岳連峰
赤岳
31 滑落 負傷

地蔵尾根を間違え、別の尾根を下山中、

スリップして約50メートル滑落、負傷

0112

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

温の上下により雪質は大幅に変わり、雪崩の発生や凍結によるスリップの危険性が高まるとともに、稜線上では低体温症になるリスクが高まります。
易な登山計画は遭難につながります。十分な準備と慎重な判断に心掛けましょう。
また、バックカントリー滑走の際はスキー場等の決まりを守り、安全に行ってください。

3.山岳遭難発生状況(平成29年1月1日~1月15日)

平成28年数値は1月1日からの同期間数値

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計

平成29年

7

2

 

4

1

7

平成28年

6

1

 

4

6

11

前年同期比

1

1

0

0

-5

-4

4.山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計

アルプス

槍穂高

1

14.3%

 

 

1

 

1

後立山

1

14.3%

   

1

 

1

その他

1

14.3%

 

   

1

1

3

42.9%

0

0

2

1

3

中央

アルプス

 

0.0%

 

   

0

アルプス

1

14.3%

1

 

 

1

八ヶ岳

連峰

2

28.6%

1

 

1

2

その他

の山岳

1

14.3%

 

 

1

 

1

7

 

2

0

4

1

7

5.態様別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
転・滑落

3

42.9%

1

 

2

 

3

転倒

1

14.3%

 

 

1

 

1

病気

 

0.0%

 

 

 

 

0

道迷い

1

14.3%

 

 

 

1

1

落石

 

0.0%

 

 

 

 

0

雪崩

1

14.3%

 

 

1

 

1

落雷

 

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

1

14.3%

1

 

 

 

1

不明・他

 

0.0%

       

0

7

 

2

0

4

1

7

6.男女別・年齢別比率

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率
19歳以下        

0

4

66.7%

       

0

0

0.0%

0

4

57.1%

20代    

1

 

1

       

0

1

30代

1

 

1

1

3

       

0

3

40代        

0

2

33.3%

 

 

 

 

0

0

0.0%

0

2

28.6%

50代

1

 

1

 

2

 

 

 

 

0

2

60代        

0

0

0.0%

 

 

1

 

1

1

100.0%

1

1

14.3%

70以上        

0

 

 

 

 

0

0

2

0

3

1

6

 

0

0

1

0

1

 

7

 
比率

85.7%

14.3%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)