• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2016年5月23日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

春の大型連休中(4/29~5/8)の発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 状況
4月29日 雨池 35 病気

無事

救出

登山中に体調不良等により行動不能

0429

4月30日 蓮華岳 55 滑落 死亡 バックカントリースキーで滑走中、滑落、死亡
4月30日 前穂高岳 28 道迷い

無事

救出

前穂高岳から下山中、

紀美子平付近で道に迷い、行動不能

0430

4月30日 奥穂高岳 48 滑落 死亡 飛騨尾根から入山し、ジャンダルム付近で滑落、死亡
5月1日 奥穂高岳 62 疲労

無事

救出

岳沢から奥穂高岳に向け登山中、

コブ尾根付近で疲労のため行動不能

0501

45 疲労

無事

救出

5月1日 奥穂高岳 65 疲労

無事

救出

奥穂高岳から岳沢に向け下山中、

コブ尾根付近で疲労のため行動不能

30 疲労

無事

救出

60 疲労

無事

救出

5月1日 南駒ヶ岳 49 滑落 負傷

南駒ヶ岳から下山中、バランスを崩し滑落、負傷

0501南駒

 

5月1日 北穂高岳 58 滑落 死亡

山頂で、強風によりバランスを崩し滑落、死亡

5月1日

鹿島

槍ヶ岳

56 滑落 負傷

一ノ沢の頭付近をトラバース中スリップし、滑落、負傷

0501鹿島槍

 

5月2日 奥穂高岳 68 滑落 死亡

奥穂高岳に向け登山中、スリップし滑落、死亡

0502

 

5月3日 焼岳 29 道迷い

無事

救出

下山中、残雪により道に迷い、行動不能

0503

5月3日 爺ヶ岳 68 滑落 負傷

鹿島槍ヶ岳に向け登山中、

赤岩尾根でバランスを崩し滑落、負傷

0503爺が岳

5月3日 縞枯山 48 転倒 負傷 縞枯山から茶臼山に向け縦走中、転倒、負傷
5月7日 常念岳 52 疲労

無事

救出

山頂付近において疲労により行動不能

0507

5月8日 奥穂高岳 73 疲労

無事

救出

涸沢に向け下山中、ザイテングラート付近で疲労により行動不能

5/9から5/15までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 状況
5月12日 西穂高岳

30

道迷い

無事

救出

西穂高岳から上高地に向け下山中、

道に迷い行動不能

クリックすると拡大した画像をご覧いただけます。

31

道迷い

無事

救出

5月13日

奥穂高岳

50

滑落

負傷

上高地に向けあずき沢を下山中、滑落、

負傷

クリックすると拡大した画像をご覧いただけます。

 

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

雪期の登山ルートは経験や技術に見合ったコースを選び、急斜面の雪上を歩行する場合は、アイゼンやピッケル等の装備を正しく使用し、慎重な行動に心掛けましょう。
地は温暖な天候となってきましたが、山岳では吹雪となることもありますので、入山する場合は、事前に積雪状況や天候などの情報を入手し、冬山装備を携行してください。
独登山者は、道に迷うなどして遭難し、行方不明となり易いので「山登り10訓」を必ず実行しましょう。

3.山岳遭難発生状況(平成28年1月1日~5月15日)

平成27年数値は1月1日からの同期間数値

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
平成28年

62

13

1

32

30

76

平成27年

71

15

1

38

33

87

前年

同期比

-9

-2

0

-6

-3

-11

 

4.山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
北アルプス 槍穂高

11

17.8%

3

 

2

10

15

後立山

10

16.1%

1

 

8

2

11

その他

5

8.1%

2

 

1

2

5

26

41.9%

6

0

11

14

31

中央アルプス

15

24.2%

2

 

9

5

16

南アルプス

2

3.2%

1

 

1

 

2

八ヶ岳連峰

9

14.5%

1

1

6

3

11

その他の山岳

10

16.1%

3

 

5

8

16

62

100.0%

13

1

32

30

76

 

5.態様別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

転・滑落

34

54.9%

11

 

25

 

36

転倒

4

6.5%

 

 

4

 

4

病気

2

3.2%

1

 

 

1

2

道迷い

11

17.7%

 

 

 

19

19

落石

 

0.0%

 

 

 

 

0

雪崩

1

1.6%

1

 

2

 

3

落雷

 

0.0%

 

 

 

 

0

疲労

凍死傷

7

11.3%

 

 

 

10

10

不明・他

3

4.8%

 

1

1

 

2

62

100.0%

13

1

32

30

76

 

6.男女別・年齢別比率

区分

男性

(人)

比率

女性

(人)

比率

男女計

死者 不明 負傷 無事 死者 不明 負傷 無事 人数 比率

19歳以下

1

 

 

 

1

24人

40.7%

 

 

 

 

0

8人

47.1%

1

32人

42.1%

20代

1

 

2

2

5

 

 

1

1

2

7

30代

2

 

3

13

18

 

 

3

3

6

24

40代

2

 

3

4

9

35人

59.3%

 

 

2

 

2

9人

52.9%

11

44人

57.9%

50代

3

1

10

2

16

 

 

 

 

0

16

60代

2

 

4

2

8

2

 

2

1

5

13

70以上

 

 

1

1

2

 

 

1

1

2

4

11

1

23

24

59

100

2

0

9

6

17

100

76

100

比率

77.6%

22.4%

100%

 

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)