• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2017年2月22日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
2月15日 中央アルプス
木曽駒ヶ岳
22 疲労・凍死傷 死亡 木曽駒ヶ岳頂上付近で低体温症により、死亡

0215中央アルプス(JPG:229KB)

2月18日 白馬乗鞍岳 36 その他 負傷 天狗原下部でバックカントリー中に、立木に衝突、負傷

0219白馬乗鞍(JPG:230KB)

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

先週は、バックカントリー中、立木に衝突して頭部に重傷を負った遭難が発生しました。
バックカントリーは、管理されたスキー場とは違い、雪崩に巻き込まれたり、立木に衝突したり、道に迷ったりするリスクが高いことから、ビーコンやゾンデ、ショベル、GPS、ヘルメット等の必要装備品は必ず携行しましょう。また、厳冬期の単独登山は、体調不良や怪我による行動不能となった場合、救助要請が困難になる場合も考えられます。非常時に備え、なるべくパーティを組んで登山することをおすすめします。

 

3.態様別発生状況

平成28年数値は1月1日からの同期間数値

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計

平成29年

23

5

2

10

15

32

平成28年

14

3

 

6

11

20

前年同期比

9

2

2

4

4

12

4.山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計

アルプス

槍穂高

2

8.7%

 

 

1

1

2

後立山

6

26.1%

 

1

4

1

6

その他

1

4.3%

 

   

1

1

9

39.1%

0

1

5

3

9

中央

アルプス

2

8.7%

1

1

   

2

アルプス

1

4.3%

1

 

 

1

八ヶ岳

連峰

5

21.7%

3

 

4

7

その他

の山岳

6

26.1%

 

 

1

12

13

23

 

5

2

10

15

32

5.態様別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
転・滑落

5

21.7%

2

 

5

 

7

転倒

3

13.0%

 

 

3

 

3

病気

 

0.0%

 

 

 

 

0

道迷い

8

34.8%

 

 

 

15

15

落石

 

0.0%

 

 

 

 

0

雪崩

1

4.3%

 

 

1

 

1

落雷

 

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

3

13.0%

3

 

 

 

3

不明・他

3

13.0%

 

2

1

 

3

23

 

5

2

10

15

32

6.男女別・年齢別比率

区分 男性 (人) 女性 (人) 男女計
死者 不明 負傷 無事 比率 死者 不明 負傷 無事 比率 人数 比率
19歳以下      

1

1

18人

72.0%

       

0

2人

28.6%

1

20人

62.5%

20代

2

 

3

4

9

       

0

9

30代

1

1

2

4

8

     

2

2

10

40代      

1

1

6人

24.0%

 

 

2

 

2

3人

42.9%

3

9人

28.1%

50代

2

1

1

1

5

 

 

 

1

1

6

60代      

1

1

1人

4.0%

 

 

2

 

2

2人

28.6%

3

3人

9.4%

70以上        

0

 

 

 

 

0

0

5

2

6

12

25

 

0

0

4

3

7

 

32

 
比率

78.1%

21.9%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.山岳遭難発生状況(平成29年1月1日~2月19日)

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)