• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2017年5月25日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
5月17日 四阿山 63 道迷い 無事救出 下山中、ルートを外れ、道に迷い行動不能
5月20日 池口岳 48 転倒 負傷 下山中、バランスを崩して転倒、負傷。
  池口岳の遭難現場で遭難者をヘリコプターで収容している状況  池口岳の遭難現場で遭難者をヘリコプターで収容している状況

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

四阿山で発生した道迷い遭難では、遭難者は、日帰りの予定で入山したものの、道迷いのため下山できず、一晩山中でビバークをした後、翌朝救助されました。日帰り予定で入山する場合でも、万が一遭難した場合に備えて、非常食、防寒着、ヘッドランプ、携帯電話の予備バッテリー等、最低限の装備品を携行するようにして下さい。

3.態様別発生状況(平成29年1月1日~5月21日)

平成28年数値は1月1日からの同期間数

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
平成29年

80

14

4

46

34

98

平成28年

66

16

 

33

31

80

前年同期比

14

-2

4

13

3

18

4.山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
北ア 槍穂高

9

11.3%

3

 

5

2

10

後立山

20

25.0%

2

2

11

9

24

その他

8

10.0%

 

1

5

2

8

37

46.3%

5

3

21

13

42

中央

アルプス

8

10.0%

3

1

4

 

8

アルプス

3

3.8%

1

 

2

 

3

八ヶ岳

連峰

10

12.5%

3

 

8

1

12

その他

の山岳

22

27.5%

2

 

11

20

33

80

14

4

46

34

98

5.態様別発生状況

区分 件数

件数

比率

死者

行方

不明

負傷者

無事

救出

遭難者計

転・滑落

27

33.8%

7

 

26

 

33

転倒

15

18.8%

 

 

15

 

15

病気

1

1.3%

 

 

 

1

1

道迷い

18

22.5%

 

 

 

31

31

落石

1

1.3%

 

 

1

 

1

雪崩

5

6.3%

3

 

2

 

6

落雷

 

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

4

5.0%

4

 

 

1

4

不明・他

9

11.3%

 

4

2

1

7

80

14

4

46

34

98

6.男女別・年齢別比率

区分 男性

(人)

比率

女性

(人)

比率

男女計
死者 不明 負傷 無事 死者 不明 負傷 無事 人数 比率

19歳

以下

 

 

 

1

1

30人

40.0%

 

 

 

 

0

7人

30.4%

1

37人

37.8%

20代

3

 

5

9

17

 

 

1

1

2

19

30代

2

1

5

4

12

 

 

2

3

5

17

40代

2

 

6

3

11

30人

40.0%

 

 

6

1

7

11人

47.8%

18

41人

41.8%

50代

5

2

8

4

19

 

 

3

1

4

23

60代

1

1

4

4

10

15人

20.0%

 

 

3

1

4

5人

21.7%

14

20人

20.4%

70以上

1

 

3

1

5

 

 

 

1

1

6

14

4

31

26

75

0

0

15

8

23

96

比率

76.5%

23.5%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)