• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

ここから本文です。

更新日:2017年7月21日

長野県内の山岳遭難発生状況(週報)

1.先週までの発生

日付 場所 年齢 性別 態様 死傷別 概要
7月10日 槍ヶ岳 65 転倒 負傷 山頂から下山中に、バランスを崩して転倒し、負傷
7月13日 燕岳 69 発病

無事

救出

合戦尾根を登山中に体調不良を訴え行動不能となったもの。
7月14日 白馬大雪渓 62 滑落 死亡 白馬大雪渓の小雪渓付近を山頂へ向けて登山中、雪渓上を約50メートル滑落し、死亡
7月15日 塩見岳 61 滑落 負傷 山頂に向けて登山中、天狗岩付近で足を滑らせ、約6メートル滑落し、負傷
クリックすると拡大した画像をご覧いただけます。(JPG:47KB) 塩見岳遭難現場付近の状況
7月15日 蓼科山 63 転倒 負傷 下山中「天狗の露地」付近で岩場でつまずいて転倒し、負傷
7月16日 白岳 50 転倒 負傷 五竜岳山荘から唐松岳へ向けて縦走中、階段で足を踏み外し転倒し、負傷
7月16日 阿弥陀岳 33 落石 負傷 阿弥陀岳南稜を登山中「P3」付近で、先行の仲間が起こした落石により負傷
7月16日 白馬乗鞍岳 71 転倒 負傷 白馬乗鞍岳から下山中、「天狗原」付近の雪渓上でバランスを崩して転倒し、負傷
7月16日 横尾本谷 38 疲労

無事

救出

涸沢へ向けて登山中、本谷橋上部で両足が痙攣して行動不能となったもの。
7月17日 唐松岳 42 発病 死亡 八方尾根を唐松岳に向けて登山中、何らかの疾患を発症したもの。
7月17日 槍ヶ岳 62 滑落 死亡 東鎌尾根西側の斜面で死亡しているのを発見されたもの。状況から何らかの原因により東鎌尾根登山道から滑落したものと推定
クリックすると拡大した画像をご覧いただけます。(JPG:68KB) 東鎌尾根遭難現場付近の状況

2.山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

先週は3連休を中心に県内各山域で山岳遭難が発生しました。滑落、転倒による遭難の他に発病による遭難が2件、疲労による遭難が1件発生しました。全国各地で猛暑日が続いており、酷暑期は、自分が思っている以上に身体は疲労をしています。登山前は体調を整え、体調や体力に不安を抱えたまま入山するのは避けましょう。また、水分及びエネルギーの不足は、熱中症や脱水症状を引き起こすだけでなく、足元のふらつきや、判断力の低下を招き、危険です。行動前、行動中は適切な水分及びエネルギー補給を心がけましょう。

3.態様別発生状況(平成29年1月1日~7月17日)

平成28年数値は1月1日からの同期間数

区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
平成29年

131

27

4

70

50

151

平成28年

111

20

3

58

48

129

前年同期比

20

7

1

12

2

22

4.山域別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
北アルプス

槍穂高

19

14.5%

5

 

11

4

20

後立山

32

24.4%

5

1

18

12

36

その他

13

9.9%

2

2

6

3

13

64

48.9%

12

3

35

19

69

中央アルプス

10

7.6%

3

1

6

 

10

南アルプス

4

3.1%

1

 

3

 

4

八ヶ岳連峰

14

10.7%

4

 

11

1

16

その他の山岳

39

29.8%

7

 

15

30

52

131

 

27

4

70

50

151

5.態様別発生状況

区分 件数 件数比率 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計
転・滑落

47

35.9%

14

 

39

 

53

転倒

25

19.1%

 

 

25

 

25

病気

6

4.6%

3

 

 

3

6

道迷い

28

21.4%

 

 

 

43

43

落石

2

1.5%

 

 

2

 

2

雪崩

5

3.8%

4

 

2

 

6

落雷

 

0.0%

 

 

 

 

0

疲労凍死傷

5

3.8%

3

 

 

2

5

不明・他

13

9.9%

3

4

2

2

11

131

 

27

4

70

50

151

6.男女別・年齢別比率

区分 男性

(人)

比率

女性

(人)

比率

男女計
死者 不明 負傷 無事 死者 不明 負傷 無事 人数 比率

19歳以下

 

 

 

1

1

38人

34.2%

 

 

 

 

0

9人

22.5%

1

47人

31.1%

20代

3

 

6

10

19

 

 

2

1

3

22

30代

2

1

9

6

18

 

 

3

3

6

24

40代

2

 

8

4

14

37人

33.3%

1

 

7

2

10

17人

42.5%

24

54人

35.8%

50代

5

3

11

4

23

 

 

6

1

7

30

60代

9

 

8

5

22

36人

32.4%

1

 

6

2

9

14人

35.0%

31

50人

33.1%

70以上

4

 

4

6

14

 

 

 

5

5

19

25

4

46

36

111

 

2

0

24

14

40

 

151

 

比率

73.5%

26.5%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)