• 文字サイズ・色合いの変更
  • Foreign Language

ホーム > 山岳情報 > 安全な登山のために > 安全なツアー登山のために

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

安全なツアー登山のために

「山に登ってみたい、でも仲間がいない、一人ではいけない」そんな登山に対する強い思いをかなえられる一つの手段が、「ツアー登山」です。

ツアー登山は、参加者が計画や渉外などを行うことなく、また、団体行動による安心感があります。しかし、自らの知識不足や体力不足に、危険性が隠れていることに気づかずに参加し、遭難してしまうケースがあります。

企画する側においても、ガイド、添乗員が不足しアクシデントに対応できない、無理な行程で、天候が悪いのに登山を強行し遭難してしまうケースもあります。

ツアー登山では参加者、企画する側ともに次の点に留意し、事前の準備を万全に、安全登山に心掛けましょう。

ツアー登山参加者

  • 参加者は、登山の知識、技能、装備を備えるとともに、登山における危険性を認識しましょう。
  • 参加するコースが、自分の体力、技能にあったものかを企画側に相談しましょう。
  • ツアー登山の内容について、
    • 添乗員・ガイドの人数、経験
    • 危険箇所や注意事項、携行する装備等の具体的な説明
    • 万が一の場合の救助体制

などについて確認しましょう。

  • 遭難は標高の低い山や日帰りハイキングでも発生しています。「連れて行ってくれるから自分は何もやらなくても大丈夫」という甘い考えを捨て、登山に対するしっかりとした自覚をもって参加しましょう

ツアー登山企画側

企画する側(添乗員、ガイドを含む)には企画段階から参加者に対する契約上の安全配意義務があることを念頭に、安全に十分配意した企画、実施を心掛けましょう。

なお、平成21年に、社団法人日本旅行業協会によりツアー登山運行ガイドライン(外部サイト)が策定されています。

企画段階

  • 現地実地調査、直前調査・情報収集
  • 参加者が余裕をもって登山できる日程の企画
  • 急な日程変更、アクシデント発生時の行動など具体的な計画の作成
  • 添乗員、ガイドの明示

募集段階

  • 登山コースの難易度を正確、具体的に明示
  • 参加者の登山歴、健康状態を把握し参加が適当かを判断
  • 必要により事前の説明会、講習会などを開催
  • 適切な保険加入

実行段階

  • 添乗員、ガイドの適正配置
    一般登山道の一例は、引率者2~3名に対して参加者は15~25人を目安として、複数の引率者が望ましいが、参加者、目的の山岳の状況に応じて決定すべきである(「ツアー登山運行ガイドライン」より)
    日帰りや標高の低い山のハイキングでも遭難は発生しています。
    添乗員やガイドが、遭難の対応と同時に残りの参加者の安全確保ができるかを十分検討し配置しましょう。
  • 登山知識、技能と装備を有している添乗員、ガイドが引率
  • 参加者の行動、健康状態を常にきめ細かくチェック
  • 天候や参加者の健康状態をみながら、無理な行動は絶対に避ける
  • 遭難やアクシデントが発生した場合、安全を優先した冷静かつ適切な行動

お問い合わせ

長野県警察本部地域部山岳安全対策課
電話:026-233-0110(代表)