ホーム > 大町保健福祉事務所 > 管内情報 > 大北地域感染症情報

大町保健福祉事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年1月18日

大北地域感染症情報

大北地域で流行している感染症をお知らせし、予防に役立てていただくため、週報として情報提供します。

平成29年(2017年)第2週(平成29年1月9日~平成29年1月15日)の状況

感染性胃腸炎

  • 感染性胃腸炎の患者報告数が、例年に比べて多い状況です。
  • 感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌などの病原体に感染することによって、下痢・腹痛・おう吐などの胃腸炎症状が出る病気です。
  • トイレに行った後、調理の前、食事の前に石けんを使って手を洗いましょう。
  • おう吐物を片付ける時は、使い捨て手袋・マスクを着用して行いましょう。

インフルエンザ

  • インフルエンザの1定点当たりの患者報告数は、先週の4.67人より増加し、9.00人となりました。
  • インフルエンザが流行しています。
  • インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
  • 38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感等の症状が、比較的急速に表れるのが特徴です。
  • お子様ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力が低下している方では肺炎等重症になることがありますので、注意が必要です。
  • インフルエンザにかからないようにするために、以下の対策を実施しましょう。
  1. 石けんを使った手洗いをこまめにしましょう。アルコール製剤による手指消毒も効果があります。
  2. 人混みへの外出を控えましょう。やむを得ず人混みに入るときには、マスクを着用しましょう。
  3. 十分な栄養や睡眠により、体力や抵抗力を高めましょう。
  4. 乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。
  5. インフルエンザワクチンには、発病する可能性を低減させる効果と、発病した場合の重症化防止の効果が認められています。まだワクチンを接種していない人は、早めの接種を検討しましょう。

「咳エチケット」を心掛けてください

  • インフルエンザなど呼吸器系の感染症が流行しています。
  • 感染症をひろげないために、普段から「咳エチケット」を心掛けてください。

咳エチケットの説明

 

大北地域の主な感染症の推移(グラフ)

正しい予防方法

 

最近注目された感染症

◇感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について(厚生労働省へリンク)(外部サイト)

長野県の感染症発生状況詳細

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

大町保健福祉事務所 

電話番号:0261-23-6526

ファックス:0261-23-2266

健康づくり支援課予防衛生係

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?