ホーム > 大町保健福祉事務所 > 管内情報 > 大北地域感染症情報

大町保健福祉事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年8月16日

大北地域感染症情報

大北地域で流行している感染症をお知らせし、予防に役立てていただくため、週報として情報提供します。

平成29年(2017年)第32週(平成29年8月7日~平成29年8月13日)の状況

百日咳

今週は定点医療機関当たりの報告は0.00人でしたが、今後も注意が必要です。下記の症状がみられる場合は、早めに医療機関を受診し、処方された抗菌薬は適切に飲み切りましょう。

  • 風邪症状で始まり、次第に咳が増えて激しくなります。発作性に咳込んで、息を吸うときに笛の音が出る特徴があります。
  • 新生児、乳児は無呼吸や嘔吐の症状で、重症化することがあり特に注意が必要です。成人は咳のみで軽症で済むことが多いですが、ワクチン未接種の新生児・乳児にうつさないようにすることが大切です。
  • 生後3か月から定期のワクチン接種が始まります。ワクチンによる予防と、手洗いの励行に努めましょう。

夏に流行する感染症

手足口病やヘルパンギーナ等の報告がありました。

せっけんを使った手洗いをこまめにしましょう。アルコール製剤による手指消毒も効果があります。

正しい手洗い方法(長野県のHPへリンク)(PDF:161KB)

咳症状があるときは

  • 咳エチケットを心がけましょう。

「咳エチケット」

  • インフルエンザなど呼吸器系の感染症は咳や会話でうつります。
  • 感染症をひろげないために、普段から「咳エチケット」を心掛けてください。

咳エチケットの説明

大北地域の主な感染症の推移(グラフ)

長野県の感染症発生状況詳細

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

大町保健福祉事務所 

電話番号:0261-23-6526

ファックス:0261-23-2266

健康づくり支援課予防衛生係

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?