ここから本文です。

更新日:2017年9月7日

長野県の麦について

麦の生産について

 かつては、水稲の裏作として麦が栽培されていましたが、現在は水田の転作作物としての生産が主体となっています。

 小麦は「うどん」をはじめ、北信州の郷土食である「おやき」の原料としても使われています。

 「おやき」は地域によって調理方法が異なるほか、季節によって中に入る具も様々で、いろいろな味が楽しめます。

 大麦は押し麦や麦茶等の原料として使われています。 

(1)麦の作付面積、収穫量の推移

麦の作付面積 麦の収穫量

麦の作付面積の推移(単位:千ha) 

年次 昭和40 50 60 平成7 17 22 23 24 25 26 27 28
全国 900 180 350 210 267 266 271 270 270 273 274 276
長野県 15 0.8 1.5 0.4 2.1 2.4 2.5 2.6 2.6 2.7 2.7 2.8

 

麦の収穫量の推移(単位:千トン)

年次 昭和40 50 60 平成7 17 22 23 24 25 26 27 28
全国 2,250 500 1,250 700 1,054 729 918 1,030 995 1,019 1,173 947
長野県 46 2.8 5.6 1.6 8 7.3 8.5 10 8 9 9.9 9.6

 (2)全国における長野県麦作の地位

区分 長野県 全国 全国順位 全国シェア
(%)
麦作付農家数(戸) 1,787 52,886 - 3.4
一戸当たり作付面積(a) 142.2 497.4 - -
麦作付面積(ha) 2,820 275,900 17 1.0
麦生産量(トン) 9,560 946,500 14 1.0

出典:麦作付農家数、一戸当たり作付面積は「2015農林業センサス」、
麦作付面積、生産量は農林水産統計「平成28年産四麦の収穫量(概数)」公表値です。 

(3)小麦の品種別作付面積(平成28年産)

品種名 作付面積
(ha)
県内シェア
(%)
主な産地
ゆめきらり 526 22.7 松本
シラネコムギ 507 21.9 上田、松本
ハナマンテン 442 19.1 上伊那、長野
しゅんよう 440 19.0 上田、松本、北アルプス
ユメセイキ 211 9.1 松本、長野
ゆめかおり 170 7.3 松本
その他 24 1.0  
合計 2,320 100.0  

(農業技術課推定値)
※ラウンドの関係で、合計と内訳が一致しない場合があります。

(4)大麦の品種別作付面積(平成28年産)

品種名 作付面積
(ha)
県内シェア
(%)
主な産地
ファイバースノウ 297 58.7 上伊那、松本
シュンライ 203 40.1 松本、長野
東山皮糯109号
(ホワイトファイバー)
5 1.0 松本
その他 0 0.0  
合計 506 100.0  

(農業技術課推定値)
※ラウンドの関係で、合計と内訳が一致しない場合があります。 

長野県の麦品種情報

1 小麦

 長野県内の小麦生産は、「シラネコムギ」、「ゆめきらり」、「しゅんよう」のめん用3品種を主体として、現在県内各地で栽培されています。
 うどんにすると、シラネコムギは鮮やかな白色に、しゅんようは明るく黄色いめんに仕上がるのが特徴です。
 また、ほかの品種とブレンドされ、おやきやお菓子など様々な用途にも使用されています。
 その他の品種では、パン用、中華めん用など、特徴のある品種が長野県農業試験場(須坂市)で育成されており、今後県内で作付拡大が図られるものには、次のようなものがあります。

(1)【ユメセイキ】(めん用)

 長野県農業試験場(須坂市)で育成された「ユメセイキ」はモチモチした食感のうどんになる低アミロース性の小麦です。
 主にうどん用として利用され、千曲市周辺では「ユメセイキ」を50%以上使用したうどんを『信州の夢』うどんとして『ユメセイキ産地化推進会議』で認証し、販売されています。
  また、「おやき」など、うどん以外の用途にも使用されています。 

(2)【ハナマンテン】(中華めん用) 

 長野県農業試験場で育成された「ハナマンテン」は、中華めんへの加工適性が高い硬質小麦です。
 平成18年産から上伊那地域で本格的に栽培されており、グルテンが強靱なため中華めんにすると茹でたときにめんが伸びにくく、また、歯切れの良い食感になるのが特徴です。

  


(3)【ゆめかおり】(パン用)

長野県農業試験場で育成された「ゆめかおり」はパンの加工適性が高い硬質小麦です。
現在は松本地区で栽培され、ゆめかおりで作ったパンは、ふかふかとした食感で噛みしめるごとに小麦の味わいが深まるのが特徴です。
 

  

2 大麦

 長野県内の大麦生産は、「ファイバースノウ」「シュンライ」の2品種を主体として、主に上伊那、松本、長野地域で栽培されています。
 ファイバースノウは精麦された後、押し麦など麦ごはん用の材料として、シュンライは主に麦茶用として活用され ています。

(1)【東山皮糯109号(ホワイトファイバー)】(精麦用)

 長野県農業試験場が平成27年に開発した「東山皮糯109号(ホワイトファイバー)」は、「もち性」※1の大麦で、機能性成分の大麦β-グルカン※2が豊富に含まれ、「もち性」特有のもちもちとした食感が特徴です。また、従来品種と比べ粒が白く、「麦ご飯」に最適です。

※1 もち性
 お米と同じように麦にも「もち」と「うるち」があります。東山皮糯109号は「もち性」の品種です。

※2 大麦β-グルカン
 水溶性食物繊維のひとつで、「コレステロールの低下」、「腸内環境の改善」等の効果が報告されています。

大麦1 大麦2

お問い合わせ

農政部農業技術課

電話番号:026-235-7221

ファックス:026-235-8392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?