ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

中部横断自動車道

概 要

 中部横断自動車道は、静岡県静岡市を起点とし、山梨県甲斐市を経由し、小諸市に至る延長約132㎞(うち県内約45km)の高規格幹線道路で、国土開発幹線自動車道として整備が進められています。

 北陸道、上信越道、中央道、新東名高速及び東名高速といった高速道路を相互に連絡し、内陸の長野県と日本海及び太平洋の臨海部の物流確保や広域観光圏の開発等、沿線地域の産業経済の振興に寄与することが期待されています。

 

概要図(PDF:504KB)

 

○これまでの経緯

年月日

内 容

S62.6.30

高規格幹線道路網として閣議決定(第四次全国総合開発計画)

H10.4

佐久南IC~佐久小諸JCT 日本道路公団に施行命令(事業化)

H15.12

新直轄方式での整備位置付け

H18.9

地域活性化IC 連結許可

 佐久北IC、佐久中佐都IC、(仮称)臼田IC、(仮称)佐久町IC

H23.3

佐久南IC~佐久小諸JCT L=7.8㎞ 開通

 

八千穂IC(仮称)~佐久南IC

○計画の概要

・延長                 14.6km

・道路規格          第1種 第3級

・設計速度          80㎞/h

・車線数              2車線(全体計画4車線)

・事業主体          国土交通省

 

概要図(八千穂IC(仮称)~佐久南IC)(PDF:165KB) 

 

○事業の状況

 03pic_sakumachi 03pic_yachiho

 写真① 佐久町IC(仮称)付近       写真②八千穂IC(仮称)付近

 

中部横断自動車道の整備に期待するストック効果

  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部道路建設課

電話番号:026-235-7318

ファックス:026-235-7391

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?