ホーム > 暮らし・環境 > 交通安全・防犯 > 防犯 > 防犯担当のページ

ここから本文です。

更新日:2018年6月15日

県民生活の安全確保~犯罪のない安全・安心な信州をめざして~

犯罪情勢

1.特殊詐欺被害認知状況

平成30年5月末の特殊詐欺発生状況

平成30年5月末

前年同期比
認知件数 被害額(円) 件数 増減率 被害額(円) 増減率

69

172,085,232

-27

-28.1%

65,585,879

61.6%

平成30年5月末の発生傾向

1.前兆事案

前兆事案が増加(975件、昨年同期比344件増)

架空請求詐欺が増加(646件、昨年同期比593件増)

架空請求詐欺の50.9%が「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」や「民事訴訟通告書」等と題するハガキのもの(329件)

架空請求詐欺ハガキのイメージはこちら長野県消費生活情報のページへ

2.被害の傾向

オレオレ詐欺が増加傾向(23件、前年同期比4件増)

還付金等詐欺被害が減少傾向(3件、前年同期比12件減少)

☆被害防止対策☆

  • オレオレ詐欺の最初の電話は、ほとんどの場合自宅の固定電話にかかってくるため、常時留守番電話に設定しておき、犯人と直接話をしないようにしましょう。留守番電話作戦はこちら留守番電話作戦(PDF:618KB)

特殊詐欺撲滅三ない運動+1(プラスワン)実施中!

「渡さない」「払わない」「電話に出ない」+「振り込ませない」

☆現金やキャッシュカードを要求されても絶対に渡さない

 ☆突然の電話やはがき、メールで利用料金等を請求されても無視し、こちらから電話をかけない・払わない

☆自宅にいても常に留守番電話にしておき電話に出ない

☆家族ご近所だけでなく、県民総ぐるみでお互いに声を掛け合い被害を未然に防止する

  • 詐欺の電話やメールは、突然、あなたに届きます!電話で『お金』の話題が出たら、一人で判断せず、まずは相談しましょう!

消費者ホットライン(局番なし)188、警察相談専用電話#9110

コチラもご覧ください(長野県消費生活情報のページへ)

啓発コーナーでは、2016年(峰竜太さん・下嶋兄さん親子共演の啓発CM)、2015年(武田徹さんの啓発CM)も閲覧できます。ぜひご覧ください!

家族みんなで特殊詐欺の手口を確認しましょう!

3つの手口表3つの手口裏

平成29年中の特殊詐欺の9割を占めています!

「3つの手口」(PDF:822KB)篇はコチラ

キーワード表キーワード裏

最新の「だましのキーワード」載っています!

「特殊詐欺のキーワード」篇表(PDF:254KB)裏(PDF:628KB)はコチラ

2.身近な犯罪の発生状況

これから、新緑の季節~暖かくなるとつい気も緩みがちです。

こういう時こそ、気を引き締めて防犯対策を怠りなく!

防犯アドバイスはコチラです!(PDF:240KB)

3.女性の皆さんへ~性犯罪被害に遭わないために~ 

全国では、女性が被害者となる、ちかん等のわいせつ目的犯罪が後を絶たない状況にあります

 また、被害に遭うのは屋外とは限らず、自宅にいる際も注意が必要です。

 被害に遭わないためには、自ら被害に遭う環境を作らないことです。

 日頃から、特に一人になるときは、しっかりと防犯対策を取りましょう。

長野県警察のホームページには、さらに詳細なアドバイスが掲載されていますのでご覧ください。

子どもの安全を守るために

子どもの防犯意識を向上させるための「こども記者体験」を行っています。

申込み・内容はコチラ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部くらし安全・消費生活課

電話番号:026-235-7174

ファックス:026-223-6771

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?